代理の基本 代理の三要素

 代理という言葉は当サイトでも既に何度も登場しました。制限行為能力者の話の中で出てきた法定代理人というのも代理の一種です。
 代理の制度は法的三面関係を生み出すといわれ、相手方を含めると登場人物が最低三人は登場します。ゆえに慣れない内はややこしく感じるかと思いますが、私なりにじっくりと分かりやすく解説して参りたいと存じます。
 まずは代理に関する民法の条文を見てみましょう。

(代理行為の要件及び効果)
民法99条
1項 代理人がその権限内において本人のためにすることを示してした意思表示は、本人に対して直接にその効力を生ずる。
2項 前項の規定は、第三者が代理人に対してした意思表示について準用する。

 上記の条文で大事なポイントが三つあります。そのポイントをひとつひとつ見ていきます。
・代理人がその権限内において
 権限というのは権利の限界ということですよね。つまり「代理人がその権限」ということは法律的に代理人には代理人としての権利、代理権が存在するということを意味します。そして「その権限内」ということは、代理権の範囲内という意味です。これは例えば、ギタリストのAさんがBさんに「YAMAHAのギターを買ってきて」と頼んだとすると、BさんはAさんの代理人になり、Bさんの持つ代理権の範囲は「YAMAHAのギターの購入」になります。ですのでYAMAHAのピアノを購入することはできません。なぜならBさんの持つ代理権の範囲外だからです。ちなみにこのようなAさんが「YAMAHAのギターを買ってきて」と依頼しBさんが「OK牧場!」とそれを承諾すると、その時点で委任契約が成立します。
・本人のためにすることを示して
 これは例えば、Aさんから「YAMAHAのギターを買ってきて」と依頼されたBさんが楽器屋さんに行って「Aの代理人のBです。Aのために購入します」と示すということです。これを顕名といいます。顕名の仕方は、最も確実なのは委任状を見せることですが、委任状を示さずとも「Aの代理人B」ということが相手に分かれば顕名があったといえます。
・意思表示
 2項で書かれていることは、例えばAさんから「YAMAHAのギターを買ってきて」と依頼されたBさんが、楽器屋さんから「YAMAHAのギターを売りました」という意思表示を受け取った場合のことです。つまり代理人と相手方の間で売買契約などの法律行為が行われたということです。

 以上ご説明申し上げた三つのポイント
・代理権
・顕名
・代理人と相手方の法律行為

 これらが代理の三要素、法律要件になります。まずはここを押さえておいて下さい。
 そして最後にもうひとつ重要なポイントがおります。それは条文中に赤字で示した「本人に対して直接にその効力を生ずる」という部分です。つまり上記の代理の三つの法律要件を満たすと、その法律効果本人に及ぶということです。ということは、Aさんから「YAMAHAのギターを買ってきて」と依頼されたBさんが楽器屋さんでYAMAHAのギターを購入した場合、その法律効果はAさんに及びます。つまりYAMAHAのギターの購入代金の債務はAに生じますので、楽器屋さんが請求書を書く場合そのあて先はAになります。そして購入したYAMAHAのギターの所有権もAさんのものになります。
 このように、本人と代理人の代理関係、代理人と相手方の法律行為、法律行為の効果帰属、という三面関係が最初に申し上げた「法的三面関係」を生み出すという代理制度の大きな特徴になります。

 という訳で今回は以上になります。今回ご説明申し上げた内容が代理という制度の基本の基本になりますので、ちょっと退屈な内容かと思いますが、まずはここを押さえておいて下さい。
(スマホでご覧の場合、次の記事へ進むには画面下左の前の記事をタップして下さい)

コメント

非公開コメント

サイト運営者

根本総合行政書士

Author:根本総合行政書士
根本総合行政書士です。
宜しくお願いします。

保有資格:
行政書士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、個人情報保護士、情報セキュリティマネジメント、マイナンバー実務検定1級

スポンサーリンク

QRコード

QR

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク