【相続】民法1012~1018条 民法改正後と現行民法の条文対照一覧

 民法改正による新民法の施行日は2020年4月1日です。
 新民法が適用されるのは2020年4月1日からであり、2020年3月31日までは旧民法(現行民法)が適用されます。

・対照条文に記されている条文は民法改正の対象となる条文のみ
 今回の民法改正の対象となる条文のみを記載しています(中には条文自体は変わらないが◯◯条の◯◯(数字)の部分のみが変わるというものもあります)。
 従いまして、民法改正の対象とならない(民法改正後も何も変わらない)条文につきましては割愛・省略しています。
・下線部は改正箇所
 旧民法(現行民法)の条文の下線部は、改正箇所を示しています。
 しかし、これは厳密に「この文字からこの文字まで」というものを示している訳ではありません。
 ですので、あくまで「条文のこの辺り」という目安としてご覧下さい。


改正後
(遺言執行者の権利義務)
民法1012条
(略)
2項 第六百四十四条、第六百四十五条から第六百四十七条まで及び第六百五十条の規定は、遺言執行者について準用する。

改正前
(遺言執行者の権利義務)
民法1012条
(略)
2項 第六百四十四条から第六百四十七条まで及び第六百五十条の規定は、遺言執行者について準用する。


改正後
(遺言執行者の復任権)
民法1016条
(略)
2項 (削る)

改正前
(遺言執行者の復任権)
民法1016条
(略)
2項 遺言執行者が前項ただし書の規定により第三者にその任務を行わせる場合には、相続人に対して、第百五条に規定する責任を負う。


改正後
(遺言執行者の報酬)
民法1018条
(略)
2項 第六百四十八条第二項及び第三項並びに第六百四十八条の二の規定は、遺言執行者が報酬を受けるべき場合について準用する。

改正前
(遺言執行者の報酬)
民法1018条
(略)
2項 第六百四十八条第二項及び第三項の規定は、遺言執行者が報酬を受けるべき場合について準用する。

カテゴリ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム

サイト運営者

根本総合行政書士

Author:根本総合行政書士
東京都行政書士会所属
根本総合行政書士です。
宜しくお願いします。

保有資格:
行政書士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、個人情報保護士、情報セキュリティマネジメント、マイナンバー実務検定1級

最新記事

【親族と親等】【血族と姻族とその違い】【相続と戸籍】【親子関係と戸籍の届出】【家族法と財政問題】 May 23, 2022
この世の中は契約社会~民法は私達の生活に直結している Apr 20, 2022
【債権譲渡の対抗要件】確定日付ある証書/債務者の承諾/債権譲渡と相殺 Apr 18, 2022
【債権譲渡の通知と債務者の承諾】【譲渡制限の意思表示】【将来債権の譲渡性】をわかりやすく解説! Apr 11, 2022
カテゴリ別項目一覧 Apr 11, 2022
【損害賠償の範囲】どこまでの損害を賠償するのか?損害賠償額の予定とは? Mar 14, 2022
【履行遅滞と受領遅滞】遅延損害金の発生時期は?契約の解除は?遅滞中の善管注意義務は? Mar 07, 2022
【第三者による弁済】債務者以外の弁済?債務者の意思に反する場合は?債権者は拒絶できる? Feb 28, 2022
【選択債権】選択権は誰にある?過失があった場合は?選択の撤回はできる? Feb 21, 2022
【受領権者としての外観を有する者に対する弁済】ニセの債権者(盗人)への弁済も有効? Feb 14, 2022

QRコード

QR

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: