【保証債務】を初学者向けにやさしくファンタジーで解説!初学者向け☆やさしい小説民法!

【保証債務】を初学者向けにやさしくファンタジーで解説!初学者向け☆やさしい小説民法!

【登場人物】
レオン:若き騎士。王国のために戦うが、負傷してしまう。
リリア:レオンの幼なじみで、魔法使いの見習い。レオンを助けるために、魔法薬を買う。
ジル:魔法薬の売り手。リリアに保証人を求める。
ルナ:リリアの師匠で有名な魔法使い。リリアの保証人になる。



【シーン1】
 リリアはレオンの負傷を知り、ジルの店に駆け込む。
 ジルはレオンを助けるための魔法薬を持っているが、高価だと言う。
 リリアは金がないが、後で払うと約束する。
 ジルはそれでは不安だと言って、保証契約を結ぶように要求する。


ジル
「この魔法薬は、あらゆる傷や病気を癒すことができる。だが、それだけに値段も高い。一本で五百ゴールドだ」

リリア
「五百ゴールド!?そんなに持っていません。でも、レオンはこの魔法薬がないと死んでしまいます。どうか私にその分のお金を貸してください。後で必ず返します」

ジル
「貸してあげたいところだが、君が本当に返せるかどうか分からない。もし返せなかったら、私は大損することになる」

リリア
「信用してください。私は魔法使いの見習いです。師匠は有名な魔法使いのルナ先生です。私は将来、立派な魔法使いになって、たくさんのお金を稼ぐつもりです」

ジル
「そうか。君はルナ先生の弟子か。それならば話が別だ。君が返せなくても、ルナ先生が代わりに払ってくれるという保証契約を結んでくれれば、この魔法薬を貸してあげよう」

リリア
「保証契約?それはどういうことですか?」

ジル
「簡単だよ。書面を交わした上で、君がこの魔法薬の代金を一定期間内に返すことを約束する。そして、もし返せなかったら、ルナ先生がその代わりに支払うことを約束する。これで私は安心できるし、君もレオンを助けられる」

リリア
「そうですか。でも、ルナ先生にそんな迷惑をかけていいのでしょうか?」

ジル
「大丈夫だよ。ルナ先生は君の師匠だろう?君のことを大切に思っているはずだ。それに、君がちゃんと返せば、ルナ先生は何もしなくてもいいんだから」

リリア
「そうですね。では、保証契約を結びましょう。でも、その前にルナ先生に連絡して、了承を得なければなりませんね」

ジル
「もちろんだ。ルナ先生に電話して、保証契約の内容を説明して、承諾をもらうこと。それができれば、この魔法薬は君のものだ」

リリア
「分かりました。では、すぐに電話します。レオン、もう少し待っててね。私は必ず助けてあげるから」



【シーン2】
 リリアはルナ先生に電話するが、忙しいと言われてしまう。
 リリアは時間がないと言って、保証契約のことを説明する。
 ルナ先生はリリアの気持ちを理解して、保証人になることを承諾する。
 ルナ先生は魔法で書類を作ってジルの店に送る。
 ジルは書類を確認して、魔法薬をリリアに渡す。
 リリアは魔法薬を持って、レオンのもとに急ぐ。


リリア
「ルナ先生、電話してすみません。今、とても大事なことがあります」

ルナ
「リリア、今は忙しいんだ。後でかけ直してくれないか?」

リリア
「後では遅いんです。レオンが死にかけています。彼を助けるための魔法薬が必要なんです」

ルナ
「レオン?あの騎士の子か?どうしたんだ?」

リリア
「王国のために戦っていたら、重傷を負ってしまったんです。この魔法薬がないと、一日も持たないかもしれません」

ルナ
「そんなことになっていたのか。それは大変だ。でも、その魔法薬は高いだろう?」

リリア
「はい。一本で五百ゴールドです。私には払えません。でも、売り手のジルさんが保証契約を結べばその分のお金を貸してくれると言ってくれました」

ルナ
「保証契約?それはどういうことだ?」

リリア
「私がこの魔法薬の代金を一定期間内に返すことを約束し、もし返せなかったら、ルナ先生がその代わりに支払うことを約束する、という契約です」

ルナ
「私が支払うことを約束する?それは無茶な話だぞ。私は君の親ではないし、君の借金に責任はない」

リリア
「分かっています。でも、レオンは私の大切な人です。彼を見捨てるわけにはいきません。どうか私に力を貸してください。私は必ず返します。それができなくても、私は何でもします。ルナ先生のために働きます。命令に従います。お願いします」

ルナ
「君は本気だな。レオンのことがそんなに好きなら、私も協力するよ。分かった。保証人になろう」

リリア
「本当ですか?ありがとうございます!ありがとうございます!」

ルナ
「だが、条件があるぞ。君はその借金をきちんと返済する義務があることを忘れるなよ。もし返せなかったら、私は君に厳しくするからな」

リリア
「はい、分かっています。絶対に返します」

ルナ
「それから、この保証契約は民法の規定に基づくものだからな。君も私も契約内容をよく理解しておくこと」

リリア
「民法?それは何ですか?」

ルナ
「民法とは、一般法と言われる法律のことだ。例えば、契約や債権や債務などについて定めている。この保証契約もその一つだ」

リリア
「そうですか。でも、私は法律のことはよく分かりません」

ルナ
「それは困ったな。君は自分が何に同意しているのか、どんな責任を負っているのか、知らないといけないんだよ。
 じゃあ、簡単に説明してやろう。
 この保証契約では、君は主債務者と呼ばれる者で、ジルは債権者と呼ばれる者だ。そして私は保証人と呼ばれる者だ。
 君はジルに魔法薬の代金を返すことを約束しているが、もし返せなかったら、私がその代わりに支払うことを約束している。これが保証契約の基本的な内容だ」

リリア
「はい」

ルナ
「だが、私はただ支払うだけではない。その場合、私は君からその金額を取り戻す権利がある。これを求償権という。つまり、私は君に対して債権者になる得るのだ」

リリア
「え?そうなんですか?」

ルナ
「そうだよ。それに、私は保証人になった時点で、ジルに対しても一定の権利を持つ。これを保証人の抗弁権という。もしジルが、主債務者であるリリアより先に保証人である私へ請求してきた場合、私はジルに対して、私に対してよりも先にリリアへ請求または強制執行しろと請求できるんだ。これを催告の抗弁権、検索の抗弁権という」

リリア
「へえ、そうなんですか」

ルナ
「そうだよ。これらのことは民法で定められているからな。君も私もジルも、この法律に従わなければならない。分かったか?」

リリア
「はい、分かりました。でも、難しいですね」

ルナ
「難しいかもしれないが、大事なことだよ。法律は社会の秩序を守るためにあるんだから。君も法律を学んでおくといいよ」

リリア
「そうですね。でも、今はレオンのことが心配です」

ルナ
「分かっているよ。じゃあ、早く書類を作って送ってやろう。魔法でやればすぐに届くからな」

リリア
「ありがとうございます!ルナ先生は本当に優しいです!」

ルナ
「私はただ君の師匠として、君の成長を見守っているだけだよ」

リリア
「それでも感謝します!では、また電話します!」

ルナ
「ああ、気をつけてね」




 以上、初学者向けにやさしく民法の保証債務についての簡単な物語をお送りいたしました。
 まずは民法の保証債務についてのイメージを掴んでいただければ幸いです。

 また、専門用語で難しく感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、ご安心ください。
 保証債務についてもっと詳しくわかりやすい解説は、
【保証債務と付従性】催告&検索の抗弁権とは/保証額の上限と違約金の約定を初学者にもわかりやすく解説!
 にございますので、よろしければご覧ください。

 以上になります。
 最後までお読みいただきありがとうございます。
⇒⇒⇒アガルートアカデミーで宅建試験・行政書士試験・公務員試験の合格講座を探す!
関連記事