【譲渡担保】を初学者向けにやさしくファンタジーで解説!初学者向け☆やさしい小説民法!

【譲渡担保】を初学者向けにやさしくファンタジーで解説!初学者向け☆やさしい小説民法!

 アルフレッドは魔法の道具を作る職人だった。
 彼は自分の工房で魔法の杖や指輪、ペンダントなどの様々な道具を作っていた。
 彼の作る道具は品質が高く、多くの魔法使いから注文が殺到していた。

 しかし、アルフレッドには悩みがあった。
 彼は道具を作るために必要な材料や魔力を買うために、金貸しのバーナードから大金を借りていたのだ。
 バーナードは、金利が高く返済期限も厳しい金貸しだった。
 アルフレッドは道具を売ってもなかなか借金を返せなかった。

 ある日、バーナードが工房にやってきた。

「アルフレッド、今月の返済はどうなってる?」

「すみません、バーナードさん。まだ用意できていません」

「まだかよ。お前はいつもそうだな。もう待ちくたびれたぞ」

「もう少しお待ちください。今、大きな注文が入っているんです。それが終われば、きっと返せます」

「大きな注文?どんな注文だ?」

「宮廷の魔法使いからです。王様の誕生日に贈る魔法の王冠を作ってほしいということです」

「へえ、そりゃすごいな。でも、それが終わるまで待ってられるか。お前は信用できないんだよ」

「信用してください。私は必ず約束を守ります」

「そうか?じゃあ、証拠に何か担保にしてくれないか?」

「担保?」

「そうだ。お前が作っている道具とかさ。それを俺に譲ってくれれば、信用してやってもいいぞ」

「譲る?でも、それは売る予定のものですよ」

「心配するな。俺はそれを売ったりしないよ。ただ、お前が借金を返すまで預かるだけだ。返せばちゃんと返すよ」

「それは本当ですか?」

「もちろんだ。契約書にも書くからさ。これを見てごらん」

バーナードは紙とペンを取り出した。紙にはこう書かれていた。


譲渡担保設定契約書

債務者:アルフレッド
債権者:バーナード

債務者は債権者から借り入れた金額(以下、「本債務」という)の担保として、債務者が所有する魔法の道具(以下、「目的物」という)の所有権を債権者に譲渡することに同意する。
債権者は目的物の所有権を取得した後、債務者に対して目的物を賃貸することに同意する。賃料は本債務の利息に相当する金額とする。
債務者は本債務を完済した場合、債権者は目的物の所有権を債務者に返還することに同意する。


「どうだ?これでいいだろう」

「これは譲渡担保というものですか?」

「そうだ。お前は目的物の所有権を俺に譲ることで、俺はお前の借金の担保にするんだ。それで、俺は目的物をお前に貸すことで、お前は目的物を使い続けることができるんだ。そして、お前が借金を返せば、俺は目的物の所有権をお前に返すんだ。これならお互いにメリットがあるだろう」

「そうですね。でも、これは民法に規定されていないんですよね」

「そうだが、判例や実務では認められているんだ。俺もこれで何度も取引してきたからな。安心してくれ」

「分かりました。それでは、契約しましょう」

 アルフレッドは契約書にサインした。
 バーナードもサインして、一枚はアルフレッドに渡し、もう一枚は自分で持った。

「よし、これで契約成立だ。じゃあ、目的物を見せてくれよ」

「はい、こちらです」

 アルフレッドは工房の中にある魔法の道具をバーナードに見せた。
 魔法の杖や指輪、ペンダントなどが並んでいた。

「すごいな。これらが全部目的物か?」

「はい、そうです」

「じゃあ、これらの所有権は今から俺のものだな」

「ええ、そうですが」

「でも心配するな。俺はこれらを売ったりしないよ。ただ預かるだけだからな」

「ありがとうございます」

「それじゃあ、これらを俺の倉庫に持っていくよ。お前も一緒に来てくれ」

「え?倉庫?」

「そうだよ。俺は目的物の所有者だから、俺の好きな場所に置くことができるんだ。それが譲渡担保の性質だからな」

「でも、それでは私は目的物を使えませんよ」

「大丈夫だ。俺はお前に目的物を貸すことに同意したからな。お前は倉庫まで来て、目的物を借りて使ってくればいいんだよ」

「倉庫まで?それではとても不便ですよ」

「仕方ないだろう。俺も安全のために目的物を自分の手元に置きたいんだよ。万が一、お前が逃げたりしたら困るからな」

「私は逃げたりしませんよ」

「そうと信じたいが、現実は別問題だからな。それに、倉庫まで来るくらいなら大した手間じゃないだろう。お前は魔法使いだろう?テレポートとかできるんじゃないのか?」

「テレポートは簡単じゃありませんよ。魔力と集中力が必要です。それに、倉庫の場所も知らないといけません」

「じゃあ、俺が教えてやるよ。倉庫は街の外れにあるんだ。ここから東に5キロぐらいだ。俺は今からそこに行くから、お前もついて来い」

「今ですか?でも、私はまだ王冠を作り終えていませんよ」

「それはお前の問題だ。俺は今日中に目的物を倉庫に運びたいんだ。お前が王冠を作り終えるまで待ってられないよ」

「それでは困ります。王冠は明日までに納品しなければなりません。宮廷の魔法使いから厳しく言われています」

「そうか?じゃあ、お前は王冠を作り終えてから倉庫に来るということでいいか?」

「それなら助かります。ありがとうございます」

「王冠を作り終えたらすぐに俺に連絡してくれ。俺は倉庫に行って目的物を用意しておくから、お前はその後で倉庫に来るんだ。それでどうだ?」

「連絡ですか?どうやってですか?」

「そうだな。お前は魔法のペンダントを持ってるだろう?それで俺にメッセージを送ればいいんだよ」

「魔法のペンダント?これですか?」

 アルフレッドは首からぶら下げていたペンダントを指さした。
 それは小さな水晶の球体で、中に魔力が満ちていた。

「そうだ。それで俺にメッセージを送ればいいんだよ。俺も同じものを持ってるから、お互いに通信できるんだよ」

「本当ですか?これは便利ですね」

「そうだろう?これもお前が作ったものだろう?すごい技術だな」

「ありがとうございます。では、これで連絡しますね」

「そうしてくれ。じゃあ、俺は先に倉庫に行くよ。お前も早く王冠を作り終えてくれよ」

「分かりました。では、また後で」

 アルフレッドはバーナードが去った後、工房の中に残った。
 彼は王冠を作るために必要な材料と道具を見回した。
 彼は魔法の金属と宝石と糸と針とハンマーとノミとヤスリと魔法の杖を使って、王冠を作っていた。

「さて、王冠を作り終えなければ...」

 彼は作業に取り掛かった。
 彼は魔法の金属をハンマーで叩いて、王冠の形にした。
 彼は宝石をノミで穴を開けて、糸で王冠に縫い付けた。
 彼はヤスリで王冠の表面を滑らかにした。
 彼は魔法の杖で王冠に魔力を注いだ。

 そうして翌日......。

「ふう、これで完成だ」

 彼は王冠を持ち上げて眺めた。
 それは美しくて輝いていて、王様にふさわしいものだった。

「これなら宮廷の魔法使いも満足するだろう」

 彼は時計を見た。
 夕方になっていた。

「そろそろバーナードさんに連絡しなければ…」

 彼はペンダントを手に取って、メッセージを送った。

「バーナードさん、王冠が完成しました。倉庫に行きます」

 すぐに返事が来た。

「よし、分かった。早く来いよ」

「分かりました。では、すぐに行きます」

 アルフレッドは王冠を箱に入れて持ち上げた。

「さて、倉庫に行こう」

 彼は工房の扉を開けて外に出た。
 外は涼しくて風が吹いていて、彼の気分を爽やかにした。

「ああ、気持ちいいな。こんな日にこんな仕事をするなんて...」

 彼は喜びを感じながら、街の外れにある倉庫に向かって歩き始めた。




 以上、初学者向けにやさしく民法の譲渡担保についての簡単な物語をお送りいたしました。
 まずは民法の譲渡担保についてのイメージを掴んでいただければ幸いです。

 また、専門用語で難しく感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、ご安心ください。
 譲渡担保についてもっと詳しくわかりやすい解説は、
【譲渡担保】民法の条文にない?【代理受領】債権の担保化とは?わかりやすく解説!
 にございますので、よろしければご覧ください。

 以上になります。
 最後までお読みいただきありがとうございます。
⇒⇒LECで宅建試験・行政書士試験・公務員試験の合格講座&テキストを探す!
関連記事