【損害賠償の範囲】どこまでの損害を賠償するのか?損害賠償額の予定とは?

▼この記事でわかること
損害賠償の範囲
損害賠償額の予定とは
 今回はこれらの事について、その内容、意味、結論、理由など、わかりやすく学習できますよう解説して参ります。
OP@_20210506132801ebd.png
損害賠償の範囲

 損害賠償の請求、という言葉は様々なケースで登場します。
 そして、あるケースで〇〇は〇〇に対し損害賠償の請求ができるのか?ということがよく問題となります。
 では、いざ損害賠償の請求ができるとき、その損害のどこまでを賠償請求できるのでしょうか?

事例1
Aは養鶏業者Bにヒヨコ10羽を納入した。しかし、そのうちの1羽が病気であった。その後、病気が伝染しヒヨコが全滅、さらに養鶏場の鶏にも伝染し大被害が出た。また、養鶏業者Bも心労から病気になり入院した。

 
 この事例1で、病気のヒヨコを納入したのはAのミス・落ち度です。
 その結果として、債務の履行はあったがそれは債務の本旨に従ったものではなく債務不履行となった、というケースになります。
 このケースで、養鶏業者BはAに対し損害賠償の請求ができます。
 さて、ここでこんな問題が浮上します。
 Aは養鶏業者Bに対し、どの範囲までの損害賠償の責任を負うのでしょうか?
 Aが健康なヒヨコ1羽の給付義務を負うのはもちろんですよね。ですが、病気のヒヨコ1羽の代償として養鶏業者Bの入院加療費用まで賠償責任を負うことになるのでしょうか?
 民法416条では、次のように規定します。

原則として債務不履行により通常生ずる損害賠償の範囲
例外として「特別の事情」を当事者が予見すべきであったときは、その特別の事情により生じた損害の範囲

 したがいまして、上記の基準を事例ごとに当てはめて、損害賠償の範囲を考えることになります。
 なお、特別の事情を予見すべき「当事者」とは、債務者(事例のA)を指すのが通説です。
 つまり、債権者(事例のB)にとって予見可能でも、債務者が予見できなかったことを賠償させるのは酷だという考えです。
 この考え方を、相当因果関係説と言います。

養鶏業者Bにも過失があった場合

 養鶏場の衛生状態が悪かったために被害が拡大したような場合、つまり、養鶏業者Bの側にも過失があった場合はどうなるのでしょうか?
 仮にヒヨコを納入したAの側に損害賠償義務があるとしても、この場合にAに全損害の賠償をさせるのはちょっと不公平ですよね。
 ということで、民法は次のように規定します。

(過失相殺)
民法418条
債務の不履行又はこれによる損害の発生若しくは拡大に関して債権者に過失があったときは、裁判所は、これを考慮して、損害賠償の責任及びその額を定める。


 この民法418条の規定により、裁判所は、養鶏業者Bに過失がある場合には、損害賠償の額を減額し、場合によっては納入者Aの責任ナシとすることも可能です。

損害賠償額の予定

 損害賠償額の予定とは、不履行の場合の賠償額を事前に決める契約です。

事例2
工務店AはBとの間で、建物新築の請負契約をし、納期から1日遅れるごとに10万円という損害賠償の予定をした。そして、Aの納期は10日遅れた。


 さて、この事例2で、何も損害が生じていなくても、工務店AはBに対して1日10万×10日分=100万円を支払うべきでしょうか?
 結論。工務店AはBに対し100万円を支払うべきです。なぜなら、それが契約内容だからです。
 したがいまして、BはAの債務不履行の事実(納期から遅れたこと)を立証すれば、損害額の立証をせずとも100万円もらえます。
 では、続いて、次の場合はどうなるでしょう?

Bに200万円の損害が生じていた場合

 この場合、Bは工務店Aに対し100万円の請求ができるのみです。なぜなら、1日10万円という合意に拘束力があるからです。つまり、それが契約内容だからということです。
 では、続いて、次の場合はどうなるでしょう?

Aの納期が遅れた事はBの不手際も原因だった場合

 債務不履行について、債権者側(事例のB)に過失がある場合、特段の事情がなければ、裁判所は過失相殺をすることができます。
 よってこの場合は、Bの不手際=Bの過失の割合に応じて、予定賠償額から減額します。


 というわけで、今回は以上になります。
 宅建試験や行政書士試験や公務員試験などの民法の学習、独学、勉強、理解の助力としていただければ幸いです。
 最後までお読みいただきありがとうございます。
関連記事

カテゴリ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム

サイト運営者

根本総合行政書士

Author:根本総合行政書士
東京都行政書士会所属
根本総合行政書士です。
宜しくお願いします。

保有資格:
行政書士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、個人情報保護士、情報セキュリティマネジメント、マイナンバー実務検定1級

最新記事

【遺言】自筆証書と公正証書と秘密証書/未成年者の遺言と死因贈与/共同遺言/遺言の撤回/特別方式の遺言 Sep 28, 2022
この世の中は契約社会~民法は私達の生活に直結している Sep 08, 2022
【遺産分割】協議と方法/遺産分割の禁止/遺産分割協議の解除/遺産分割の審判と訴訟事件 Sep 07, 2022
【寄与分と特別受益と相続分の譲渡】法定相続分の修正~妻の日常労働分は?遺贈との優劣は? Aug 24, 2022
【単純承認と限定承認】その手続と事例/相続財産の対象となる財産とは?一身専属権はどうなる? Aug 17, 2022
【相続の放棄】相続放棄の連鎖?/誤った使用例/金貸しとの戦い/生前の放棄/数次相続の場合の相続放棄 Aug 10, 2022
【相続欠落と相続廃除】欠落と廃除の違いとは?/欠落&廃除と代襲相続の関係について Aug 03, 2022
【相続人と相続分】誰がどれだけ相続するのか?わかりやすく解説!/相続回復請求権とは? Jul 27, 2022
【後見人】未成年後見と成年後見の違いとは?/解任と辞任/後見人になれる者とは? Jul 20, 2022
【親権】【親権の喪失・停止・回復】【利益相反行為】誰が親権者になるか?様々なケースも紹介 Jul 13, 2022

QRコード

QR

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: