地役権の時効中断

 地役権は、時効取得することができます(これについて詳しくはこちらの記事へ)。
 そして、地役権を時効取得できるということは、当然「地役権の時効の中断」もあります。

事例1
AとBは甲土地を共有している。隣地に住むCは、AとBに地役権を時効取得されそうになったので、Bに対して時効中断の手続きをとった。


 この事例が、地役権の時効中断のケースです。
 さて、この事例で、CはBに対して地役権の時効中断の手続きをとりましたが、このとき、Aの地役権の取得時効は中断するのでしょうか?
 まずは、民法の条文を見てみましょう。

民法284条2項
共有者に対する時効の中断は、地役権を行使する各共有者に対してしなければ、その効力を生じない。

 民法では上記のように規定しています。この条文で言っていることは「共有者に対する地役権の時効の中断は、各共有者、つまり共有者全員に対してしなければ効力を生じない」ということです。
 従いまして、事例のCは、時効中断の手続きをBに対してしかしていないので、その効力は生じません。すなわち、Bの地役権の取得時効は中断しません。Bの地役権の取得時効を中断させたいのであれば、Cは、AB両者に対して時効中断の手続きをとらなければならないのです。
 このような結論は「地役権の不可分性」そして「地役権が人ではなく土地に付着する性質」から来るものです(地役権の性質についてはこちらの記事へ)。その理屈はこうです。
「地役権は不可分な(分割できない)ものなので、各共有者の持分ごとに時効が中断したりしなかったりすることはない。そして地役権は土地に付着する土地自体に発生する権利なので、仮に持分ごとに時効が中断したとして、共有者の1人の持分だけ時効中断しても、他の共有者の持分の時効が進行すれば、その効力が土地全体に及ぶので、共有者の1人でも地役権を時効取得してしまえば、結局は土地全体の地役権を時効取得することになる。したがって、共有者の1人に対してだけ時効中断の手続きをしても意味がないのである」
 このようになります。

事例2
AとBは甲土地を共有し、隣地に通行地役権を設定している。しかし、その通行地役権が消滅時効にかかりそうになっているので、Bはその消滅時効を中断させた。


 さて、この事例2で、甲土地の共有者の1人であるBは、隣地の通行地役権の消滅時効を中断させましたが、その効果はAにも及ぶでしょうか?
 結論。その消滅時効の効果はAにも及びます。これも理屈は事例1のケースと一緒で「地役権は持分ごとに分割できない」という、地役権の不可分性から来るものです。したがって、共有者の1人が地役権の消滅時効を中断させれば、その効果は当然に他の共有者にも及びます。

補足・地役権の消滅時効の起算点

 民法では、地役権の消滅時効の起算点について、以下のように定めています。
・継続的でなく行使される地役権の場合
(地役権の)最後の行使の時
→通行地役権であれば(継続的に通行していたわけではない承役地を)最後に通行した時、ということ。
・継続的に行使される地役権
 その行使を妨げる事実が生じた時から
→これはどういうことかといいますと、継続的に隣地を通行のために利用(通行地役権)していたが、災害などで、その通路の幅4メートルのうち、1メートルが閉塞してしまったような場合、その閉塞した部分だけ時効により地役権が消滅した、というようなケースで(こういうケースもありえる!)、その部分が「閉塞した時」が消滅時効の起算点、ということです。
(スマホでご覧の場合、次の記事へ進むには画面下左の前の記事をタップして下さい)

囲繞地通行権の基本

 通行地役権と似て非なるものに、囲繞地通行権というものがあります(地役権についてはこちらの記事へ)。
「囲繞地」という言葉自体が見慣れない聞き慣れないものだと思いますが、読み方は「いにょうち」です。囲繞地とは、他の土地に周りを完全に囲まれている土地のことです。
囲繞地
 上図のAのような土地が囲繞地です。
 Aのような土地に住んでいる者は、公道に出るためには周りの土地のどれかを通らざるを得ません。そこで、そのような者のために、法律の定めにより通行する権利を規定しました。それが囲繞地通行権です。

(公道に至るための他の土地の通行権)
民法210条
他の土地に囲まれて公道に通じない土地の所有者は、公道に至るため、その土地を囲んでいる他の土地を通行することができる。

 この囲繞地通行権は、法律の定めにより生じるものです。そして「法律の定めにより生じる」というところが、通行地役権との大きな違いになります。通行地役権は、あくまで当事者同士の契約により設定され、その上で適用されます。しかし、囲繞地通行権は、法律の定めにより問答無用に適用されます。
 なんで囲繞地通行権だけそうなってるの?
 それは、もし囲繞地を取り囲んでいる土地の所有者が通行を認めなかった場合に、囲繞地は完全に使えない土地になってしまうからです。そうなってしまうと、囲繞地の所有者が困ってしまうのはもちろん、それは社会的な経済的損失にもなります。それは国家としても望ましくありません。したがって、囲繞地に関しては「土地から出らんないとなるとどうにもならん。せめて公道に出られるように、そこは周りのみんなで協力してやろうや」ということを国家のルールとして定めた、ということです。
 尚、囲繞地通行権は登記できません。というより、登記する必要がありません。囲繞地通行権は、法律の定めにより当然に発生する権利です。従いまして、囲繞地の所有者は、その登記なく堂々と囲繞地通行権の主張ができます。

囲繞地通行権は無償ではない

 さて、ここまでの説明だと、囲繞地の所有者への保護ばかりが手厚くなっているように思えますよね。しかし、そんなことはありません。

民法212条
210条の規定による通行権を有する者は、その通行する他の土地の損害に対して償金を支払わなければならない。

「210条の規定による通行権を有する者」とは、囲繞地通行権を有する囲繞地の所有者です。つまり、囲繞地の所有者は、通行のために利用する土地の所有者に対して、償金を支払わなければなりません。囲繞地の所有者が通行のために利用する土地の所有者に償金を支払わなければならないということは、通行のために利用される土地の所有者、つまり囲繞地通行権の負担義務を負う者は、囲繞地の所有者に対して償金請求権を持つことになります。囲繞地通行権の行使はタダではないのです。
 したがって、囲繞地の所有者自身も「償金」という形で負担を負うことになる、ということです、
 尚、囲繞地通行権を有する者が支払う償金ですが、民法212条ただし書きの規定により、その支払いを1年ごとにすることもできます。つまり、1年に1回、1年分まとめて支払うことができる、ということです。ただし、通路を開設するために生じた損害があった場合、その損害についての支払いについては「1年に1回・1年分まとめて」という形での支払いはできません。
(スマホでご覧の場合、次の記事へ進むには画面下左の前の記事をタップして下さい)

囲繞地通行権と通行地役権は併存する?分筆して袋地ができたら?

囲繞地通行権と通常の地役権の設定契約

 囲繞地の所有者は、法律の定めにより囲繞地通行権を取得しますが、隣地の所有者と通常の通行地役権の設定契約をすることもできるのでしょうか?
囲繞地
 例えば、上図のA地は囲繞地ですが、この場合に、A地の所有者がC地に通行地役権を設定できるのか?という話です。
 結論。囲繞地の所有者は、隣地の所有者と通常の地役権の設定契約をすることもできます。従いまして、A地の所有者はC地に通常の通行地役権を設定することができます。
 そして、囲繞地の所有者が通常の地役権の設定契約をすると、その後は、地役権の設定契約が適用され、囲繞地通行権は消滅します。つまり、A地の所有者がC地に通行地役権を設定すると、A地のための囲繞地通行権は消滅するのです。
 なんで囲繞地通行権が消滅してしまうの?
 囲繞地通行権は「囲繞地という名の袋地」の所有者のために、言ってみればやむを得ず規定したような権利です。したがって、通常の地役権の設定契約があれば、わざわざそのような囲繞地通行権を適用する必要はなくなるので、その場合は当然に消滅するのです。

囲繞地通行権の負担を誰が負うのか

 囲繞地を取り囲んでいる四方八方の土地のうち、どの土地が囲繞地通行権により通行利用される義務を負うのでしょうか?
 これについては、完全にケースバイケースです。なぜなら、そんなことは現地を見てみなければわからないからです。そんなことまで法律で一律に規定しまうと、むしろ不備が生じてしまいます。したがって、事案ごとに、個別的具体的に、合理的な結論を出していくことになります。

分筆によって袋地が生じた場合

事例
A地とC地は元々ひとつの甲土地であったが、分筆※したことによりA地が袋地になった。

分筆とは、ひとつの土地を複数の土地に分けること

 これは、ひとつの土地を分筆したことによって、その土地のひとつが袋地になってしまった、というケースです。
(分筆前)
囲繞地(分筆)
(分筆後)
囲繞地


 さて、この事例で、A地を取り囲む土地は、A地のために囲繞地通行権の負担を負わなければならなくなるのでしょうか?
 結論。A地を取り囲む土地は、A地のために囲繞地通行権の負担義務を負うことにはなりません。なぜなら、分筆しなければ袋地(A地)は存在しなかったからです。
 分筆によって袋地が生じた場合、それは分筆した者自身の責任になります。したがって、分筆によって生じた袋地を取り囲む土地は、囲繞地通行権の負担義務は生じません。ただし、分筆された土地同士であれば、囲繞地通行権の主張をすることができます。
 したがって、事例の場合、A地の囲繞地通行権を、C地に主張することはできます。しかし、その場合は、償金の支払い義務は生じません。ですので、A地の所有者はB地の所有者に対して償金を支払う義務はなく、C地の所有者はA地の所有者に対して償金請求権を持ちません。また、この場合に、AC間で地役権の設定契約をすれば、そのときは当然にその設定契約が適用され、囲繞地通行権は消滅します。
(スマホでご覧の場合、次の記事へ進むには画面下左の前の記事をタップして下さい)

サイト運営者

根本総合行政書士

Author:根本総合行政書士
根本総合行政書士です。
宜しくお願いします。

保有資格:
行政書士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、個人情報保護士、情報セキュリティマネジメント、マイナンバー実務検定1級

スポンサーリンク

QRコード

QR

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク