行政書士試験の勉強方法(心構え)

 今回は、私なりの勉強方法についての見解を述べていきたいと存じます。
 まず、行政書士試験の試験範囲となる科目について確認します。

憲法・基礎法学
行政法
民法
商法・会社法
一般知識等

 上記の科目の中で、最も比重の大きい科目は行政法です。行政法は、宅建試験でいえば業法にあたるポジションになります。次いで比重の大きい科目は民法です。その次が憲法・基礎法学。そして一般知識等、商法・会社法と続きます。
 以上のことから、優先的に勉強しなければならない科目がどれか、わかりますよね。そうです。行政法です。次いで民法ということになりますが、この2科目については双璧です。両科目とも、早い段階からしっかりと学習しておく必要があります。というのも、出題数と得点配分に加えて記述式があるということもさることながら、行政法と民法は、そもそも実力をつけるのに非常に時間を要する科目だからです。短期間の勉強では中々成果の上がりづらいのが行政法と民法なのです。法学部出身の方等であれば、短期間でも対策が可能かもしれません。しかし、法学の基礎を全く持たない人間には、少なくとも私の見解では短期間の対策はかなり厳しいです。
 従いまして、行政書士試験を受けるにあたって、行政法と民法、この2科目をどう攻略するかが、まず大きなポイントとなります。

なぜ行政法と民法は短期間の対策が厳しいのか?

 それは、行政法も民法も暗記でどうにかできない科目、つまり、理解の科目だからです。憲法・基礎法学もそれは同様なのですが、憲法・基礎法学につきましては、ある程度演習を重ねると何となく解けるようになります。もちろん個々人で向き不向きがあるので一概には言えませんが。ただ、そもそも憲法・基礎法学と行政法・民法では出題数が違います。憲法は5問、基礎法学は2問なので、最悪、憲法・基礎法学で全問不正解でも他の科目で取り返すことは現実的に十分可能です。しかし、行政法と民法である程度点を稼げないとなると合格は相当厳しいでしょう。

民法と行政法の学習は時間がかかる

 先程、行政法と民法は理解の科目と言いました。ただ、実際は両科目にも暗記の要素はあります。特に行政法の場合、条文からの出題もありますので、その場合はしっかりと条文を覚えているかが問われます。ただそれも、ある程度の理解の土壌があった上でないと、暗記をすることも中々難しいのではないか?というのが私の認識です。
 実際どれぐらいの勉強期間が必要なのか?
 私の見解では、1年間がまず目安かなと考えます。もちろんこれも人によりけりですが。行政法と民法の勉強方法は、よくペンキ塗りに例えられます。一度塗ったら乾かして、また塗って乾かして、を繰り返す。そうやって繰り返し繰り返し学んでいくうちに理解が深まっていく科目、ということです。最初はよくわからなかったことも、繰り返し繰り返し勉強することによって「あ、こういうことだったのか!」となるのです。したがって、まず目安として1年間ぐらいは必要なんじゃないかと思うわけです。そりゃあ誰だってできるだけ短期間短時間の勉強で済ませたいと思うところではあります。、しかし、それなりの根気が必要なのは事実でしょう。

 そういえば、今回のテーマは勉強方法でしたね。ほとんど心構えの部分の話になってしまいました(笑)。具体的な勉強方法につきましては、次回以降でお伝えして参りたいと存じます。
(スマホでご覧の場合、次の記事へ進むには画面下左の前の記事をタップして下さい)

行政書士試験は独学?通学?勉強方法の勉強

 今回から、行政書士試験の具体的な勉強方法について記していきたいと思いますが、まず最初に念のため一言断っておきます。当サイトに書かれていることはあくまで私の見解であり、異なる見解を示す方もいらっしゃるかと思います。ですので、もし行政書士試験についての情報集めとして当サイトにたどり着いた方は、このサイト以外の情報も必ずご覧になって下さい。情報は常に多角的に収集しなければ偏ったものになってしまいます。もちろん私なりにバランスをとりながら、客観的な記述も含めているつもりです。それでもやはり、より様々な角度から情報収集するに越したことはないでしょう。私自身も行政書士試験を受けるにあたり様々な情報を集めました。その中で、自分なりに咀嚼し、自分なりに手段なりを構築し、実践しました。従いまして、あくまで、いち参考意見としてご覧頂ければと存じます。
 前置きが長くなりましたが、以上のことを踏まえてお読み頂ければと存じます。

勉強方法の勉強

 さて、勉強方法の具体的な内容についてですが、私の場合まず初めに何をしたかと申しますと、勉強方法の勉強です。どういうことかと申しますと、スポーツに例えるとわかりやすいと思います。例えば、野球でバッティングが上手になりたいとしたら、まずそのためにはどういった練習をすれば良いのかを学びますよね。それと一緒です。つまり、
「行政書士試験に合格するためには何をどうすれば良いのか」
まずそれを学ばなければなりません。何も考えずの無計画の戦略なしで闇雲にやっても99%合格は厳しいでしょう。そんなに甘い試験ではありません。そんなの考えられない!めんどくさい!という人は、お金を払ってスクールに通いましょう。蓄積されたノウハウを駆使した合理的なカリキュラムで合格への道筋を整えてくれるはずです。一方、独学というのはそのノウハウから自分で考えなければなりません。ここがまず、スクールに通うことと独学の大きな違いです。
 どちらが良いのかは、ハッキリ言って人それぞれです。相対的に見れば、スクールに通った合格者の方が多いのは事実でしょう。従いまして、まずは自分自身を見極めることです。スクールに通うのが良いのか、はたまた独学が良いのか。迷われている方、いらっしゃると思います。それぞれにメリット・デメリットがあります。各々の資質、仕事や生活の状況等も考慮した上で、自分にはどちらの方が良いのか、見極めて下さい。まずはそこからです。
 おいおい、今回も勉強方法の中身の話じゃねーじゃん!とお叱りの声が聞こえてきそうです(笑)。ですが、まずはここから整えておかないとお話になりません。結果を出すには入念な準備が必要なのです。常に奢らず、用意周到に、決して準備を怠らず、不測の事態も想定しながら、冷静に判断し、決断し、行動するのです。そう、それはまるでゴルゴ13のように...。

 またまた本題に入るまでの話が長くなってしまいました。落語で言えばまだ枕の部分ですもんね。申し訳ございません。
 次回、勉強方法の勉強とは、というところから記していきたいと思います。 
(スマホでご覧の場合、次の記事へ進むには画面下左の前の記事をタップして下さい)

行政書士試験は勉強計画を立てて臨もう

 今回からは、勉強方法の具体的な中身に入って参りたいと思います。
 前回、勉強を始めるにあたり、私の場合まず勉強方法の勉強から始めたと申しました。そしてたどり着いた私なりの見解、それを今からお話いたします。

「ざっくり」と計画を立てる

 勉強を始めるにあたりまず何から始めればいいのか。私の場合は、まず試験日までの計画を立てました。試験日から逆算していってざっくりと計画を立てました。
 ん?なぜざっくりなの?綿密な計画を立てた方がいいんじゃね?
 ここがひとつポイントです。計画を「ざっくりと」立てる理由は、状況の変化に対応するためです。どんなに綿密な計画を立てたところで、物事が計画通りに運ぶ事は中々ありません。勉強を進めていくうちに科目による得意不得意も出てくれば、仕事やプライベートに左右され予定が崩れることもしばしばです。なので計画はざっくりと立てるのです。その上で、状況の変化に応じその都度計画を検証し修正しながら進めるのです。つまり、ざっくりと計画を立てるということの意味は、状況の変化に対応できる計画を立てるという意味です。
 こと独学においては、客観的な分析と自己修正能力は非常に重要です。計画に沿って勉強しながらも「これで本当にいいのか?」「ここは足りないんじゃないか?」「もっとこうした方がいいんじゃないか?」と分析・検証・修正しながら進めていくのです。前回の繰り返しになってしまいますが、それができないのであれば、独学による合格は諦めた方がいいでしょう。独学だからエライとかスゴイとかもないんで。スクール通おうが独学だろうが大事なのは結果を出す事です。そして、出した結果で得るものは結局一緒ですから。結果を出すのが目的なら、そのための最善の手段を各々で講じるべきです。

 それでは、私の場合はどういう計画を立てたのか、ご参考までにお話いたします。私の立てたざっくり勉強計画は次のような感じです。

① テキスト、問題集選び
② 民法と行政法と憲法のテキストをざっと読み込む
③ ②のテキストを読み込んだら過去問(全科目)をざっとやる
④ 過去問をやったら再びテキストを今度はじっくり読み込む
⑤ テキストをじっくり読み込んだら再び過去問をやる
⑥ ⑤をやりつつ商法会社法と一般知識等のテキストを読む
⑦ ⑤と⑥を終えたら本番形式で予想問題をやる
⑧ 記述式対策をやりつつ苦手科目の克服
⑨ 商法会社法、一般知識等の暗記

 大体こんな感じでしょうか。要するに、試験日までの全体的な流れですね。
 さて、上記の①から⑨までの中で、特に重要な部分はどこでしょう。はい。実は、その特に重要な部分は①のテキスト選びです。それ勉強じゃねーじゃん!という声が聞こえてきそうですが(笑)。しかし、このテキスト選びをいい加減に行ってしまいこれを失敗すると、まず合格できないでしょう。それぐらいテキスト選びは重要なのです。
 という訳で次回、テキスト選びについての具体的な内容についてご説明して参ります。
(スマホでご覧の場合、次の記事へ進むには画面下左の前の記事をタップして下さい)

サイト運営者

根本総合行政書士

Author:根本総合行政書士
根本総合行政書士です。
宜しくお願いします。

保有資格:
行政書士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、個人情報保護士、情報セキュリティマネジメント、マイナンバー実務検定1級

スポンサーリンク

QRコード

QR

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク