債権・債務・債務不履行とは?

 以前にも申しましたが、この世の中は契約社会です。コンビニで物を買うのも友人同士で物を売り買いするのも売買契約だし、TSUTAYAでDVDを借りるのも部屋を借りて住むのも賃貸借契約です。そして契約が成立すると権利義務が生じます。

事例
AはBの持っているギターが欲しくなり、Bに「そのギターを3万円で売ってくれないか?」と言った。するとBは承諾し、次の土曜日にAはお金を支払いBはギターを引き渡すことになった。


 この事例でAとBは売買契約を結んでいます。売買契約は「買います」「売ります」で成立する諾成契約なので、Aの申し込み(ギター売ってくれ)にBが承諾した時に契約が成立しています。するとAとBは互いに権利義務が生じます。
Aの権利義務
AはBに対し代金支払い義務が生じます。同時にBへギターの引渡しを請求する権利も生じます。
Bの権利義務
BはAに対しギターの引渡し義務が生じます。同時に代金を請求する権利も生じます。

 このように互いに法的な権利義務が生じます。そして、AがBにギターの引渡しを請求する権利、BがAに代金を請求する権利、これを債権といいます。一方、AがBに代金を支払う義務、BがAにギターを引き渡さなければならない義務、これを債務といいます。つまりAとBは売買契約が成立したことによって債権債務関係になるのです。ちなみに債務を負った者を債務者、債権を有した者を債権者と呼びます。ですので売買代金に関してはAが債務者でBが債権者、ギターに関してはAが債権者、Bが債務者となります。また、このように互いに債務を負う契約を双務契約といいます(契約の片側だけが債務を負う契約は片務契約になります)。
 以前、物権は物に対する権利、債権は人に対する権利、とご説明致しました。今回の事例に即して言うと、AはBという人に対して、BはAという人に対して、債権という権利を持っている、ということになります。

約束は守らなければならない

 AとBは互いにギターの売買契約によって生じる義務(約束)を果たさなければなりません。分かりやすく言うとAとBは売買契約という約束を守らなければなりません。そしてこの約束を守る、義務を果たすことを債務を履行するといいます。つまり今回の事例で、AとBは互いに相手に対する債務を履行する義務を負っていて、AはBに対し代金を支払ったら債務の履行を果たし、BはAに対しギターの引渡しを行なったら債務の履行を果たした、ということになります。

債務を履行しなかったら?

 例えばAが無資力になりBに代金を支払えなくなったらどうなるでしょう。するとAはBに対する債務を履行できなくなります。このように債務を履行できなくなることを債務不履行といいます。ではAがもし債務不履行になってしまった場合Bは何ができるでしょう。

(債務不履行による損害賠償)
民法415条
債務者がその債務の本旨に従った履行をしないときは、債権者は、これによって生じた損害の賠償を請求することができる。債務者の責めに帰すべき事由によって履行をすることができなくなったときも、同様とする。

 Aがもし代金を支払えなくなったら(債務を履行できなくなったら)Aは債務不履行となり、BはAに対して、Aの債務不履行による損害賠償の請求ができます。つまりAが債務不履行に陥ると、BのAに対する「金払え」という代金の支払い請求権は損害賠償請求権に変化します。
 もしこのような事態に陥るとAとBの関係は最悪になりますよね(笑)。ですので皆さん、契約という約束はしっかり守りましょう。
 という訳で今回も最後までお読み頂き有難うございます。

コメント

非公開コメント

サイト運営者

根本総合行政書士

Author:根本総合行政書士
根本総合行政書士です。
宜しくお願いします。

保有資格:
行政書士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、個人情報保護士、情報セキュリティマネジメント、マイナンバー実務検定1級

スポンサーリンク

QRコード

QR

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク