即時取得の三要件 その物の所有権は誰の手に?

事例
Aはギターを二本持っている。一本のギブソンのギターはメインとして使い、もう一本のYAMAHAのギターはサブとして使っている。ある日Bから「明日ライブがあるのにギターが壊れてしまった。俺はこの一本しかギターを持っていない。頼む。Aのギターを一本貸してくれないか?」と頼まれ、Aは「それだったら仕方ないな」と思い二つ返事で、サブで使っているYAMAHAのギターをBに貸した。ところがBはライブを終えても一向にそのギターをAに返さない。なんとBは、Cにそのギターを売っぱらって引き渡してしまった。実はBはあるキャバ嬢にぞっこんで、その売買代金を全てキャバクラ代にあてたのだった。


 この事例でCはYAMAHAのギターの占有権を取得しています。その解説は前回の記事をご参照下さい。前回の説明では今のところCはまだ本権未満占有権止まりです。しかしCは三つの要件を満たすことによって占有権が本権に昇格し、YAMAHAのギターの所有権を取得します。
 三つの要件とは何か?それは前回も登場したこちらの条文に記されています。

(即時取得)
民法192条
取引行為によって、平穏に、かつ、公然と動産の占有を始めた者は、善意であり、かつ、過失がないときは、即時にその動産について行使する権利を取得する

 分かりやすくその要件の部分を太字にしました。ちなみに「その動産について行使する権利」とは今回の事例の場合は所有権になります。以上のことを事例に当てはめるとこうなります。
CはYAMAHAのギターを
1・取引行為によって
2・AB間の事情に関して善意で
3・無過失(落ち度なく)で

占有を開始していれば、占有権が本権に昇格し、所有権(その動産について行使する権利)を取得します。
 2、3の善意無過失についてはもはや説明不要だと思います。要はCがYAMAHAのギターが本当はAのものであることを過失なく知らなければ、ということです。1の取引行為というのは簡単に言えば「盗んだり騙し取ったり強奪していなければ」という意味です。つまり取引行為とは正当な手段ということです。以上の事をまとめるとこうなります。
 
CはYAMAHAのギターが本当はAのものであることを過失なく知らず正当な手段で手に入れていれば、YAMAHAのギターの所有権を取得できる。

 このようになります。そしてこのような形で所有権(本権)を取得することを即時取得といいます。

てゆーかAはどうなるの?Cが所有権を取得したらAがかわいそうじゃね?

 その通りです。AはBのために好意でYAMAHAのギターを貸しただけです。それなのにCが一定の要件を満たせば即時取得が成立しCのものになってしまいます。なんだか不公平な結果に思えますよね。しかし民法はこう考えます。「Aが貸したからこういう事態を招いたんだろ?」と。つまりAにも帰責性あり(負うべき責任あり)と民法は考えるのです。そして利益衡量取引の安全性の観点からCが一定の要件満たせばCの勝ちとするのです。(利益衡量の関してはこちらの記事を、帰責性についてはこちらの記事をご参照下さい)
 Aに対抗手段はないの? 
 もし裁判になりAができることは、Cに過失があることを主張立証することです。つまり先述の三つの要件を全て満たせていないじゃないか!と主張しそれを立証するのです。もしそれが立証できればCに勝ちAは無事YAMAHAのギターを取り返すことができます。あとはBに対し損害賠償請求するという手段もありますがそれだとYAMAHAのギターが返ってくる訳ではないしBが無資力(金がない)ならアウトです。
 いずれにせよAには苦労する現実が待っていることになります。
(スマホでご覧の場合、次の記事へ進むには画面下左の前の記事をタップして下さい)

コメント

非公開コメント

サイト運営者

根本総合行政書士

Author:根本総合行政書士
根本総合行政書士です。
宜しくお願いします。

保有資格:
行政書士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、個人情報保護士、情報セキュリティマネジメント、マイナンバー実務検定1級

スポンサーリンク

QRコード

QR

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク