悪意の転得者は所有権を取得できる?

事例1
AとBは通謀してAの資産隠しのためにA所有の甲土地をB名義に移した。その後Bは悪意のCに甲土地を売却しCは登記を備えた。その後Cは悪意のDに甲土地を売却しDは登記を備えた。その後AはAB間の取引は虚偽表示により無効なので甲土地の所有権を主張した。


 さていきなり事例から始まりました。今回は転得者が悪意の場合です。上記の事例1で甲土地の所有権を取得できるのは誰でしょうか?
 正解はAです。これは簡単ですよね。「悪意の第三者→悪意の転得者」という流れですから当然CもDも保護されません。
 ではこの場合はどうでしょうか。

事例2
AとBは通謀してAの資産隠しのためにA所有の甲土地をB名義に移した。その後Bは善意のCに甲土地を売却しCは登記を備えた。その後Cは悪意のDに甲土地を売却しDは登記を備えた。その後AはAB間の取引は虚偽表示により無効なので甲土地の所有権を主張した。


 今度は転得者Dは悪意ですが第三者Cは善意です。「善意の第三者→悪意の転得者」という流れです。
 では事例2で甲土地を取得できるのは誰か?実は事例2には二つの考え方があります。

絶対的構成

 ここで一旦転得者のDを抜きにして考えてみましょう。転得者を抜きに考えると話は簡単です。フツーに善意の第三者であるCが甲土地の所有権を取得します。当たり前ですよね。ではここに転得者Dを加えてみましょう。善意の第三者であるCは当然に甲土地の所有権を取得します。そこに悪意の転得者Dは現れます。しかし転得者Dが悪意といってもCに対しては善意も悪意もありませんよね?よって悪意の転得者Dは甲土地の所有権を取得します。こう考えると分かりやすいですよね。
 このように悪意の転得者Dでも甲土地の所有権を取得するという考え方を絶対的構成といいます。絶対的構成の「絶対」とは人によって変わらないという意味です。つまり絶対的構成とは第三者が善意なら転得者が善意だろうが悪意だろうが結果は変わらないという考え方です。一旦善意の第三者をかましてしまえば後はマルでOK!ということです。

相対的構成

 一方相対的構成という考え方もあります。相対的構成の「相対」とは人によって変わるという意味です。ということは事例2を相対的構成で考えると、悪意の転得者Dは甲土地の所有権を取得できません。この考え方では善意の第三者のことを「ワラ人形」といいます。つまり相対的構成では「ワラ人形をかまして悪意の転得者をのさばらせるなんぞ言語道断許すまじき!」となるのです。

で、結論は?

 通説的な結論は絶対的構成に従います。よって事例2では悪意の転得者Dが甲土地の所有権を取得します。
 それって悪意の転得者をのさばらせることになるんじゃ...
 はい。仰る通りです。しかし通説が絶対的構成を選ぶのは理由があるのです。という訳で次回、なぜ通説が絶対的構成をとるのかについてご説明して参りたいと存じます。
(スマホでご覧の場合、次の記事へ進むには画面下左の前の記事をタップして下さい)

コメント

非公開コメント

サイト運営者

根本総合行政書士

Author:根本総合行政書士
根本総合行政書士です。
宜しくお願いします。

保有資格:
行政書士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、個人情報保護士、情報セキュリティマネジメント、マイナンバー実務検定1級

スポンサーリンク

QRコード

QR

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク