意思表示の形成過程

 今回は意思表示です。ちなみに「意志」ではなく「意思」です。ご注意下さい。

意思表示とは何なのか

 以前の記事でも、諾成契約についてのご説明をいたしましたが、諾成契約は、例えば、売買契約の場合「買います」という申し込みに対し「売ります」という承諾をした時、契約が成立します。このときの「申し込み」「承諾」、つまり「買います」と「売ります」が、意思表示です。つまり、諾成契約を民法的に説明すると、「当事者同士の意思表示により成立する契約」ということになります。
 意思表示が何なのかは、お分かりになりましたよね。ではここから、意思表示の形成過程を見て参ります。

動機

効果意思

表示意思

表示行為

 なんだか、まるで心理学みたいですが(笑)、順番にご説明して参ります。
 まず動機ですが、これは売買であれば「買う理由」です。美味しそうだな〜とか、安いからとか、カワイイからとか、動機という言葉の通りです。
 次の効果意思は「よし、買おう」です。つまり「頭・心の中の決断」です。
 その次の表示意思は「買おうと言おう」です。つまり「決断を表に示す意思」です。
 最後の表示行為は「これ買います!」です。これは説明不要ですね。「購入の申し込みの表明」です。
 以上が、意思表示の形成過程になります。

なぜこんな話が民法に必要なのか?

 それこそ本当に、心理学の講義みたいですもんね。しかし、これが実はとても重要なのです。なぜなら、意思表示があって初めて契約というものが成立するからです。
 契約関係のトラブルは、いつの時代も絶えません。トラブルがあったときは、その契約内容と成立過程を検証しますよね。その「成立過程」こそ、まさに先述の「意思表示の形成過程」が含まれます。
 買いたいと思っていない物なんて買わないですよね?ではなぜ買ったのか?無理矢理買わされたのか?騙されたのか?あるいは勘違いか?買ってもいない物が突然送られてきて、いきなりお金を請求されても困りますよね?売る側からすれば、なんの理由もなしにいきなり返品されて「金返せ!」と言われても困りますよね?そうなると、「意思表示の形成過程」のどこかに不備があるのではないか?と、民法的な検証ができる訳です。
 尚、付け加えて申し上げておきますと、意思表示は「黙示のもの」でも、有効に扱われる場合があります。黙示の意思表示とは、実際言葉には出していないけれど「それって買うってことだよね・売るってことだよね」ということです。つまり、黙っていても意思表示が明らかだと認められれば、その契約は成立してしまう、という事です。ですので皆さん、断るときはハッキリと口に出して断りましょう。

 意思表示とその形成過程の意味、ご理解頂けましたでしょうか。
(スマホでご覧の場合、こちらのカテゴリーの続きへ進むにはこちらをタップして下さい)

コメント

非公開コメント

サイト運営者

根本総合行政書士

Author:根本総合行政書士
根本総合行政書士です。
宜しくお願いします。

保有資格:
行政書士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、個人情報保護士、情報セキュリティマネジメント、マイナンバー実務検定1級

スポンサーリンク

QRコード

QR

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク