宅建試験の合格点①

受験生を悩ます相対評価 

 宅建試験を受けた後の一番の問題、それは今年の合格点は何点になるのか?です。宅建試験は合格率で合格点が上下する相対評価の試験です。36点以上取れていればまず間違いなく合格だと思いますが、35点以下だと年によってまちまちです。
 宅建試験は試験が終わるとその年の合格点予想が各スクール等で行われます。そしてそれを見て受験生達が一喜一憂する訳でかつての私もその内のひとりだったわけですが、ここで悩まされる人達がいます。それは自己採点で予想合格点付近だった受験生です。

予想合格点付近の受験生は合格発表まで生殺し状態

  自己採点結果が余裕で予想合格点を上回るものであれば安心できますし、逆に明らかに下回っているのであればさっさと気持ちを切り替える事もできるでしょう。しかし予想合格点付近の受験生は違います。安心もできなければ諦めることさえできません。正に生殺し状態(笑)。恋愛で例えるなら、好きな人に告白したら「返事は待ってね」と言われ一か月以上放置される...みたいな(笑)。キツイですよね、それ。
 そんな訳で予想合格点付近の受験生は、日々予想合格点の更新情報を追いまくるのです。そう、それはまるで恋人を束縛しまくるように(笑)。そこで私の過去の経験から多少なりとも有益な情報が提供できればと思い私なりに収集した情報から宅建試験の予想合格点に関する記事を随時アップしていこう思います。
 もちろん宅建試験合格点予想サイトはたくさんございますので、あくまで数ある情報の中のひとつとして捉えて頂ければと存じます。
 生殺し状態の受験生の方々には気休め程度になるかどうかも分かりませんが、ご覧になって頂ければと存じます。

※2017年度の宅建試験予想合格点に関する具体的な情報は次回以降の記事に記載しております。回りくどくなってしまい申し訳ございません。

(スマホでご覧の場合、次の記事へ進むには画面下左の前の記事をタップして下さい)

コメント

非公開コメント

サイト運営者

根本総合行政書士

Author:根本総合行政書士
根本総合行政書士です。
宜しくお願いします。

保有資格:
行政書士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、個人情報保護士、情報セキュリティマネジメント、マイナンバー実務検定1級

スポンサーリンク

QRコード

QR

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク