集中力を鍛える

 私がかつて宅建試験を受ける時、非常に気にしていた事がございます。それは本番でしっかり集中できるか?です。
 今回は集中力というものについて私なりの考えを綴って参りたいと思います。 

当たり前だけど難しい。集中するということ

 宅建試験を受けるにあたり、テキストを読み込んで覚え、問題集を解いて理解を深め、と所謂インプットとアウトプットを繰り返して学習を進めていきますよね。もちろん私もそのようにやっておりました。しかし私にはこんな疑問、懸念がございました。そもそも必ずしも万全な態勢で試験に臨めるのか?
 自信を持つこと、ポジティブな気持ちで臨むことはとても良いことです。しかし危機管理、リスクマネジメントの観点から見るとそれだけでは物足りないと私は考えます。宅建試験を受けるにあたりどんな脅威があるのか。それを洗い出し様々な状況を想定しそれに対してしっかりと準備し対策を講じた上で自信を持って臨む、これが本当の意味でのポジティブだと私は考えます。京セラの創業者もこんな事を言っていました。「悲観的に計画し楽観的に実行する」と。
 あれ?集中力についての話は?
 はい。もう少々お待ちください(笑)。
 試験を受けるにあたり潜在する脅威とは一体どんなものがあるでしょう?

・寝坊する
・体調を崩す
・電車に乗り遅れる
・電車遅延
・筆記用具、時計などを忘れる
・試験中筆記用具を落っことす
・試験会場内がやたら暑いor寒い
・前後or左右の人がやたら落ち着きがない
・前後or左右の人の体臭がキツイ(笑)
...etc

 他にも受験票を忘れる、会場を間違えるなどのそもそも受験できないようなミスもありますが、そこまでのものは置いておいて、上記にあげたものそれぞれに対策はあります。ただ実は私が今回申し上げたいのはそういう細かい対策の話ではございません。ここでやっと今回のテーマである集中力の話に戻ります。回りくどくて申し訳ございません(笑)。回りくどい男はキライよ!と女性陣にお叱りを受けそうです(笑)。
 話を戻すと、先述の潜在する様々な脅威のいずれにしても共通して言えるのは集中をそがれるということです。そして集中をそがれ本来の実力が発揮できずあえなく惨敗なんて笑えません。そもそも人間は意外なほど簡単に集中をそがれるものです。しっかり集中するというのは当たり前のことのように思えて実は中々難しいことなんですよね。そこで私はどんな状況でもしっかりと集中できるようになれるためのトレーニングを行いました。といってもそこまで大したものでもないのですが(笑)。
 
集中する癖をつける

 私が行ったことは様々な状況で勉強するということです。具体的にご説明申し上げると

・マックなどに行って席が狭かったり周りがうるさい中でもしっかり集中して勉強する
・混んでいる電車内で立っている状況でもしっかり集中して勉強する
・朝のホームで眠たい目をこすりながら電車を待っている状況で民法の問題を解く
※周りに迷惑をかけず安全に行ことが前提(笑)

といった感じです。マジで大したことではないですね(笑)。しかし今回の記事の内容のような意味を持って行うとその効果は中々のもんです。実際私はこの訓練によって集中力を鍛えられましたし、集中しようと思ったときに集中する癖がつきました。これは後々により難易度の高い行政書士試験を受ける時、さらには仕事にも日常にも非常にプラス効果がありました。加えてより時間を有効的に使えるようにもなりました。ですのでカフェや電車で勉強しようとするときに周りがうるさかったり近くにウザイ人がいるような場合は「いかなる状況にも負けない集中力を鍛えるチャンスだ!」と思ってありがたく受け止めて下さい(笑)。
 
 以前の記事で私は全ての勉強に意味を持って行って下さいと申し上げたと思います。その意味が今回の記事からもお分かりになるのではないでしょうか。時間は有限ですから。少年老いやすく学成り難し。限られた時間を意味を持って有効に使いましょう。 
 という訳で今回も最後までお読み頂き有難うございます。

コメント

非公開コメント

サイト運営者

根本総合行政書士

Author:根本総合行政書士
根本総合行政書士です。
宜しくお願いします。

保有資格:
行政書士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、個人情報保護士、情報セキュリティマネジメント、マイナンバー実務検定1級

スポンサーリンク

QRコード

QR

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク