2018年度(平成30年度)宅建試験の合格点は?予想合格点の進捗状況

 皆さま、2018年度、宅地建物取引士試験おつかれさまです。
 ということで、2018年度(平成30年度)宅建試験の合格点予想です。
 大手資格スクールを中心として、各社、次のような合格点予想をしています。

LEC 35~37点
TAC 35点~37点
大原 35・36点
日建 36~38点
ユーキャン 36~38点
日本ビジネス法研究所 35~37点

 上記以外の資格スクールの予想合格点も含めてまとめますと、2018年度の宅建試験の予想合格点は
36点(+-1点)
といったところでしょうか。
 日建やユーキャンは他社よりも高い点数を予想していますが、過去10年間の宅建試験の合格点では、37点以上になったことはありません。

年度   受験者数  合格者数 合格率 
平成20年 209,415人 33,946人 16.2%  33点
平成21年 95,515 人  34,918人 17.9%  33点
平成22年 186,542人 28,311人 15.2%  36点
平成23年 188,572人 30,391人 16.1%  36点
平成24年 191,169人 32,000人 16.7%  33点
平成25年 186,304人 28,470人 15.3%  33点
平成26年 192,029人 33,670人 17.5%  32点
平成27年 194,926人 30,028人 15.4%  31点
平成28年 198,463人 30,589人 15.4%  35点
平成29年 209,354人 32,644人 15.6%  35点

 合格発表は12月5日。
 果たして、今年度の宅建試験の合格点は一体何点になるのでしょうか。
 

コメント

非公開コメント

サイト運営者

根本総合行政書士

Author:根本総合行政書士
根本総合行政書士です。
宜しくお願いします。

保有資格:
行政書士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、個人情報保護士、情報セキュリティマネジメント、マイナンバー実務検定1級

スポンサーリンク

QRコード

QR

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク