宅建試験の受験者数・合格者数・合格率・合格点の動向

 平成20年度以降の宅建試験の受験者数・合格者数・合格率・合格点の動向を、下記に一覧で数字で記しました。

年度   受験者数  合格者数 合格率 合格点
平成20年 209,415人 33,946人 16.2%  33点
平成21年 95,515 人  34,918人 17.9%  33点
平成22年 186,542人 28,311人 15.2%  36点
平成23年 188,572人 30,391人 16.1%  36点
平成24年 191,169人 32,000人 16.7%  33点
平成25年 186,304人 28,470人 15.3%  33点
平成26年 192,029人 33,670人 17.5%  32点
平成27年 194,926人 30,028人 15.4%  31点
平成28年 198,463人 30,589人 15.4%  35点
平成29年 209,354人 32,644人 15.6%  35点

 宅建試験は、合格率で合格点が決まる相対評価の試験です。
 ですので、毎年、合格点が異なります。
 上記のデータを見る限りでは、36点以上得点できれば、合格は確実と言えるでしょう。
 果たして、今年度の合格点は何点になるのでしょうか。
 当サイトでは、試験後から合格発表まで、合格点予想の動向も追って参ります。

コメント

非公開コメント

サイト運営者

根本総合行政書士

Author:根本総合行政書士
根本総合行政書士です。
宜しくお願いします。

保有資格:
行政書士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、個人情報保護士、情報セキュリティマネジメント、マイナンバー実務検定1級

スポンサーリンク

QRコード

QR

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク