13種類の典型契約 売買契約と賃貸借契約

 前回、前々回と、契約についてのお話をいたしました。

互いの意思表示だけで成立する諾成契約
書面なりの一定の形式が必要な要式契約
物の引き渡しがあって成立する要物契約

 上記の分類は「契約の成立」という観点でカテゴライズされたもので、実は民法上の契約というもの自体は、13種類の類型が存在します。その13種類の契約が、それぞれ諾成契約だったり要式契約だったりする訳です。今回は、その13種類の契約を紹介するとともに、その中の売買契約賃貸借契約について、簡単な解説をして参ります。

 以下、民法上の13種類の契約の典型です。

売買契約 贈与契約 交換契約
消費貸借契約 使用貸借契約 賃貸借契約
雇用契約 委任契約 請負契約 寄託契約
組合契約 終身定期金契約 和解契約


 以上が、民法上の13種類の典型契約になります。そして上記の改行の仕方には意味があります。上の行から、移転型、利用型、労務型、特殊型、というように、13種類の契約を、四つのグループに分けることができます(覚える必要はありません)。宅建試験や行政書士試験において扱われる契約は、主に移転型利用型になります。労務型と特殊型は、あまり出題の対象にはなりません(委任、請負、寄託に関しては多少出ます) 。
 この移転型、利用型、労務型、特殊型というグループ分けは、とりあえずそういった分類があるということだけ、何となく頭の片隅にでも入れておいて頂ければそれで結構です。

日常でよく行われる契約

 ところで、我々の日常生活においては、どんな契約がよく行われているのでしょうか。

売買 贈与 交換 消費貸借 使用貸借 賃貸借 寄託
 
 このあたりの契約が、日常的に、実際によく行われるものだと思います。
 専門職以外の、一般的なビジネスにおいては、次に挙げるものになるのではないでしょうか。

売買 消費貸借 賃貸借 雇用 委任 請負 寄託

 そんないきなり羅列されてもわからんわ!という声が聞こえてきたような(笑)。はい。それではここから、売買契約と賃貸借契約について簡単に解説して参ります。

売買契約
 これは一番分かりやすいと思います。以前にコンビ二の買い物の例を挙げましたが、あれがまさしく、売買契約になります。
 買います→売ります→お金を支払う→物を引き渡す
 この流れでしたよね。そして契約成立時は購入の申し込みの承諾時、つまり、上記の「売ります」の時点で成立する、諾成契約でしたよね。売買契約については問題ないと思います。

賃貸借契約
 これは物の貸し借りの契約です。前々回に挙げた不動産賃貸借は、まさに賃貸借契約です。賃貸人(家主・大家・オーナー)の所有する家を賃借人(借りて住む人)が賃料(家賃)を払って住む、という賃貸借契約になります。他にもCDのレンタルやレンタカーも賃貸借契約です。これもイメージし易いのではないでしょうか。
(スマホでご覧の場合、次の記事へ進むには画面下左の前の記事をタップして下さい)

コメント

非公開コメント

サイト運営者

根本総合行政書士

Author:根本総合行政書士
根本総合行政書士です。
宜しくお願いします。

保有資格:
行政書士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、個人情報保護士、情報セキュリティマネジメント、マイナンバー実務検定1級

スポンサーリンク

QRコード

QR

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク