保証債務と消滅時効

 今回は、保証債務における消滅時効について、解説して参りたいと思います。(消滅時効についてはこちらをご覧下さい)

事例1
BはAから150万円を借り受けた。CはBの保証人である。そして月日が経過し、Bの主債務とCの保証債務には時効が迫っている。そんな中、BはAに対して債務の承認をした。


 この事例では、主債務者のBが債権者のAに対して債務の承認をしました。「BがAに対して債務の承認をした」というのは、BがAに対して「150万円支払います」と意思表示したということです。債務者が債権者に対して債務の承認をすると、時効が中断します。したがって、主債務者Bが債権者Aに対して債務の承認をしたということは、主債務の時効の進行期間がリセットされたということです。
 さて、問題はここからです。主債務者Bが債権者Aに対して債務の承認をしたことにより、主債務の時効は中断されましたが、それに伴ってCの保証債務の時効も中断するのでしょうか?
 結論。Bの主債務の時効が中断したことにより、Cの保証債務の時効も中断します。なぜなら、主債務に生じた効果は、原則として全て保証債務にも及ぶからです。したがって、主債務者Bが債務の承認をしたことにより、Bの主債務のみならずCの保証債務の時効も中断するのです。保証人Cとしては「Bめ。余計なことしてくれたな」という感じかもしれませんね(笑)。

事例2
BはAから150万円を借り受けた。CはBの保証人である。そして月日が経過し、Bの主債務とCの保証債務には時効が迫っている。そんな中、CはAに対して債務の承認をした。


 さて今度は、保証人CがAに対して債務の承認をしたケースです。この場合、Bの主債務の時効は中断するのでしょうか?
 結論。保証人CがAに対して債務の承認をすると、保証債務の時効は中断します。しかし、Bの主債務の時効は中断しません。なぜなら、保証債務に生じた弁済以外の効果は、主債務には及ばないからです。
 また、この事例2の場合は、少し面白いことになります。保証人Cが債務の承認をすると、Bの主債務の時効は中断しませんが、Cの保証債務のみ時効は中断します。すると、Cの保証債務の時効進行期間はリセットされますが、Bの主債務の時効進行期間は進んでいくことになります。そしてBの主債務の時効が完成すると、Bは「時効が完成しました!」と時効の援用ができます。すると主債務は消滅し、Bの150万円支払い義務もなくなります。そしてなんと、このとき、保証人CもBの主債務の時効を援用できます。そして保証人CがBの主債務の時効を援用すると、保証債務の付従性により、主債務の消滅に伴って保証債務も消滅します。つまり、債権者からすれば、保証債務の時効を中断させたところで、それはトカゲの尻尾切りにしかならないということです。結局、主債務の時効が生きていて、やがてそれが完成すれば、保証債務もその効果を受けてしまうので。
 したがって、債権者Aからすれば、保証人Cの債務の承認というのは意味が薄く、Bの主債務の時効という元を断たなければ、あまり意味がないと言えるでしょう。

事例3
BはAから150万円を借り受けた。CはBの保証人である。それから月日が経過し、主債務の消滅時効が完成した後、BはAに対して債務の承認をした。


 この事例3は、主債務の時効が完成した後、主債務者Bが債務の承認をした、というケースです。このケースのポイントはもうおわかりですよね。Bが債務の承認をしたのが「主債務の時効完成後」というところです。
 時効完成後の債務の承認は、時効利益の放棄と考えられ、債務が復活します。つまり、主債務の時効完成後、Bが債務の承認をしたことにより、Bは主債務の時効の利益を放棄したことになり、主債務は復活することになります。
 さて、問題はここからです。この事例3で、時効完成後にBが債務の承認をしたことにより、主債務は復活します。では、Cの保証債務はどうなるのでしょうか?復活した主債務の保証もしなければならないのでしょうか?
 結論。Bの主債務が復活しても、保証人Cは主債務の時効を援用することができ保証債務から免れることができます。
 え?なんだかよくわからん
 はい。その理屈を今からご説明いたします。
 事例1、事例2と、主債務に生じた効果は原則として全て保証債務に及びました。そう考えると、主債務が復活すれば、それに伴って保証債務も存続し続けるように思えます。しかし、いくら保証人の責任が重いとはいえ、一度、時効が完成してから復活した主債務の保証までさせ続けるのは、さすがに酷すぎなんじゃね?と考えます。したがって、たとえ主債務者が債務の承認をしたとはいえ、一度、主債務の時効が完成したんだから、保証人については時効の援用をさせてあげて、保証債務から免れさしてあげよう、という結論になるのです。
 保証人の責任は重いです。その責任は無限責任とも言われます。しかし、先ほどのことからわかるように、保証人の責任は、無限責任であっても、永遠ではないということです。
(スマホでご覧の場合、次の記事へ進むには画面下左の前の記事をタップして下さい)

コメント

非公開コメント

サイト運営者

根本総合行政書士

Author:根本総合行政書士
根本総合行政書士です。
宜しくお願いします。

保有資格:
行政書士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、個人情報保護士、情報セキュリティマネジメント、マイナンバー実務検定1級

スポンサーリンク

QRコード

QR

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク