保証債務とその性質(保証債務の付従性)

事例1
BはAから150万円を借り受けた。CはBの保証人である。


 このように、保証人を立てる債務を保証債務といいます。そしてこの場合、AB間の債務を主債務といい、AC間の債務が保証債務となります。また、Cが保証人なのは言うまでもありませんが、債権者Aに対して、Bは主債務者という立場になります。

債権者 主債務者
 A → B
   ↘︎
    保証人
     C

 そして保証人は、主たる債務者(主債務者)がその債務を履行しないときに、その債務を履行をする責任を負います。したがって、上記の事例では、BがAに150万円を返せなかったとき、保証人のCがその借金150万円を肩代わりすることになります。
 尚、ひとつ注意点があります。保証人Cが保証債務の契約を結ぶ相手はAです。主債務者のBではありません。したがって、事例1は、AB間の主債務の契約、AC間の保証債務の契約が並立するような形になります。

主債務の契約 保証債務の契約
 A―B     A―C

 この点はご注意下さい。

保証債務の性質

 ここからは、保証債務の性質についてに移って参ります。
 保証債務は、主たる債務(主債務)の存在を前提とします。当たり前ですよね。主債務を保証するのが保証債務ですから。主債務が存在しなければ、保証しようにもしようがありません。このように、主債務の存在を前提として成り立っている性質を、保証債務の付従性といいます。
 さて、ではここからさらに、保証債務の付従性について掘り下げて参ります。

事例2
BはAから150万円を借り受けた。CはBの保証人である。その後、AB間に要素の錯誤※があったことがわかり、Bの主債務は無効になった。

※要素の錯誤について詳しくはこちらをご覧下さい

 さて、この事例2で、Bの主債務が要素の錯誤で無効になったことにより、Cの保証債務はどうなるのでしょうか?
 これはすぐわかると思います。保証債務は主債務の存在を前提に成り立っています。保証債務の付従性ですね。したがって、Bの主債務が無効なので、Cの保証債務は成立しません。

事例3
BはAから150万円を借り受けた。CはBの保証人である。その後、AC間に要素の錯誤があったことがわかり、Cの保証債務は無効になった。


 今度は、AC間の保証債務が無効になったケースです。さて、この場合、AB間の主債務の成立への影響はあるのでしょうか?
 結論。AB間の主債務の成立への影響はありません。したがって、AB間の債権債務関係だけが存続します。

 事例2のように、主債務が無くなるとそれにともなって保証債務も無くなります。一方、事例3のように、保証債務が無くなっても主債務は存続します。この点はご注意下さい。

補足・保証契約は様式契約

 保証契約は、書面(または電磁的記録)でしなければ、その効力を生じません(要式契約)。つまり、債権者が保証人と保証契約を結ぶには、書面(または電磁的記録)で行わなければ成立しないということです。
 それがなにか?
 これは売買契約と比べるわかりやすいと思います。売買契約は、「買います」という申し込みと「売ります」という承諾の意思表示だけでも成立します(諾成契約)。つまり、民法上、売買契約は口約束だけでも成立します。それに対して保証契約は、意思表示(口約束)だけでは成立しません。つまり、法律上、保証契約は売買契約に比べて慎重に扱われているということです。その理由は、今回ご説明してきたとおり、保証人の責任が重いからです。保証人は、それこそヘタしたら、主債務者の借金を肩代わりして財産を根こそぎ持っていかれて人生どん底に突き落とされる可能性もあります。そんな重~い責任を背負わされる保証契約が、口約束だけで成立してしまったら、世の中混乱してしまいますよね。
 したがって、保証契約は書面(または電磁的記録)で行われなければ成立しないのです。こういった部分にも、保証人の責任の重さが表れていると言えます。

コメント

非公開コメント

サイト運営者

根本総合行政書士

Author:根本総合行政書士
根本総合行政書士です。
宜しくお願いします。

保有資格:
行政書士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、個人情報保護士、情報セキュリティマネジメント、マイナンバー実務検定1級

スポンサーリンク

QRコード

QR

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク