行政書士試験対策・選ぶべきテキストの内容

 今回はテキストの中身についてです。一体どんな内容のテキストがいいのか。テキストは大きく分けると次の3パターンに分けられます。

・文字、文章が中心のもの
・絵、図解が中心のもの
・上記二つの中間ぐらいのもの


 この三つの中でどれかを選ぶことになります。ではどれを選ぶべきなのか。これに関しましては明確にこれだとは申し上げられません。なぜなら人によるからです。ですのでまず己がどういうタイプかを見極めます。下記に三つのタイプを挙げますので、ご自身はどのタイプなのかをお考え下さい。

・読んで覚える
・見て覚える
・聴いて覚える

 さて、みなさんはどのタイプでしょうか。ちなみに上記の、読んで覚えると見て覚えるの違いですが、読んで覚えるというのは文章を読んで覚えるという意味です。そして見て覚えるというのは絵や図を見て覚える(記憶する)という意味です。
 どうでしょう。どのタイプかお分かりになりましたかね。ちなみに私は読んで覚えるタイプです。つまり文章で頭に入れていくタイプです。そして文章だけだとごちゃごちゃしてまとまらないものは自分でノートに絵や図を書きます。こうするとすぅっと理解できるようになります。

どのタイプの人間がどのタイプのテキストがいいのか

 まず読んで覚えるタイプの場合ですが、このタイプの方は文字・文章が中心のテキストがいいと思います。
 次に見て覚えるタイプの場合は、絵・図解が中心のテキストを選ぶといいと思います。
 最後に中間ぐらいの方の場合ですが、この場合は文章と図解がバランス良く記されているものがいと思います。実に単純な話ですよね(笑)。ですがこれは非常に大事なことです。

己を見極め、己に合ったものを選ぶ

 時間もお金も有限です。しっかりと自己分析をした上で己に合ったものをお選び下さい。手段は目的を達成するためでなければなりません。目的があって手段があるのです。その逆はありません。
 もし自分がどのタイプか今いち分からないという方はとりあえず文章と図解がバランス良く記されているものを選べばいいと思います。そして勉強を進めていく中で文章で記述されている箇所の方が覚えやすいのであれば改めて文章が中心のテキストを選べばいいですし、図解の部分の方が覚えやすいのであれば改めて図解中心のテキストを選べばいいと思います。

 最後に私のちょっとしたアイディアなのですが、文章中心のテキストは家で読み込む用、図解中心のテキストは電車や移動中に眺める用、というふうに使い分けをするのもアリだと思います。実際私は家等で読み込む用と移動中に眺める用を使い分けていました。今ではスマホもあるので、移動中にも勉強できるサイトやアプリを見つけて活用するのも良いと思います。
 という訳で今回は以上になります。最後までお読み頂きありがとうございます。
(スマホでご覧の場合、行政書士試験の続きへ進むにはこちらをタップして下さい)


コメント

非公開コメント

サイト運営者

根本総合行政書士

Author:根本総合行政書士
根本総合行政書士です。
宜しくお願いします。

保有資格:
行政書士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、個人情報保護士、情報セキュリティマネジメント、マイナンバー実務検定1級

スポンサーリンク

QRコード

QR

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク