行政書士試験勉強のテキスト選び

 前回テキスト選びはとても重要だということを申し上げました。
 なぜそんなにテキスト選びは重要なのか?
 テキスト選びは勉強の根幹になります。計画とテキスト選びは勉強の地図になります。地図を間違えたら目的地にたどり着けませんよね?だからテキスト選びは重要なのです。使用テキストは試験に合格するためのテキストでなくてはなりません。試験に合格するという目的を達成する、そのための手段となるテキストでなければなりません。
 じゃあどんなテキストを選べばいいの?
 これは正直人によって異なります。ですのであくまで私自身の話になります。客観的な記述も交えながら進めていきますが、あくまで私自身の話という前提はお忘れにならないでお読み頂きたく存じます。

具体的なテキストの選び方

 まず初学者か経験者※かで当然選ぶテキストは異なります。初学者の場合から見ていきます。
※ 経験者の定義ですが、行政書士試験初受験でも法学部出身等で民法や行政法を体系的に学んだ経験がおありの方は経験者と考えます。
 初学者の場合はとにかく分かり易く丁寧にかつ分量の多いものがいいと思います。この「分量の多い」というところがミソで私が個人的に考えるひとつ大事なポイントです。

なぜ分量の多いものがいいのか?

 それは説明・解説がしつこいぐらい分かり易く丁寧に書かれていることが重要だからです。端的に上手くまとめられたものは初学者には向きません。コンパクトにまとめられたテキストの方が手っ取り早く勉強できそうです。しかし初学者がそういったテキストに手を出すと結局何も頭に入らず理解できずに終わるでしょう。 算数がわからないのに数学は理解できません。つまり数学を理解するための算数の基礎がきっちり説明されているテキストがいいということです。
 私の考えでは行政書士試験に関しては変に近道をしないようにした方がいいと思います。近道を選ぼうとすると逆に遠回りになりかねません。「頭に入らない近道より頭に入る遠回りを選ぶ」これが私のテキスト選びの考え方です。つまり急がば回れです。頭に入らない理解できないコンパクトなテキストより頭に入る理解できる分厚いテキストを選べ!(笑)これです。もちろんすでに基本的な事が理解できている中級者以上の方はむしろ端的にまとめられているコンパクトなテキストの方が良かったりするでしょう。しかし初学者の方はとにかくじっくり学べる、そんなテキストをお選びになることをオススメします。

中級者の場合

 中級者以上の方の場合ですが、中級者以上の方はある程度試験科目、範囲の中で得意不得意が見えていると思いますので、得意な部分は最低限の勉強をやりながら維持しつつ、不得意分野を中心に取り扱っているテキストを選ぶやり方があります。例えば民法のテキストでも、債権の分野が苦手なら債権だけでひとまとまりになっているテキストを選ぶとか、不得意分野にセグメントを絞ってテキスト選びを行うのです。中級者以上であれば短期集中的な勉強方法もありだと思いますがやはり個人的には、よっぽど法学の素養がある人間以外は行政書士試験に関してはじっくりやった方がいいかなと思います。
 したがって今回のまとめとして初学者の方、中級者の方共通で私から申し上げることは

急がば回れ
自分のレベル、状況に合ったものを選べ

になります。テキストの内容の部分については次回以降お話しいたします。
(スマホでご覧の場合、次の記事へ進むには画面下左の前の記事をタップして下さい)


コメント

非公開コメント

サイト運営者

根本総合行政書士

Author:根本総合行政書士
根本総合行政書士です。
宜しくお願いします。

保有資格:
行政書士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、個人情報保護士、情報セキュリティマネジメント、マイナンバー実務検定1級

スポンサーリンク

QRコード

QR

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク