人的担保?保証人・保証債務の超基本

事例
AはBに200万円を貸し付けた。その後、返済期限が過ぎても、Bは一向にその借金を返済しない。


 さて、この事例で、Aは困っています。なぜなら、貸し付けた200万円をBが返済しないからです。このままいけば、Aが取るべき手段は、そのまま諦めるか訴訟を提起するかのどちらかです。そのまま諦めれば、貸した200万円はドブに捨てたようなもんです。となると、Aとしては訴訟を提起して、なんとか200万円を回収したいところです。訴訟を提起して裁判で勝訴すれば、AはBに対して強制執行の手続きを取ることができます。そして、Bの一般財産を差し押さえて、強制競売によりお金を回収することになります(強制執行と差押えについて詳しくはこちらの記事へ)。それで一件落着...と言いたいところですが、この方法にはリスクがあります。というのも、もしBに財産がなかったら、たとえ強制執行したところで、お金は回収できません。「無い袖は振れない」というヤツです。ましてや、裁判をするとなると、手間も時間もお金もかかります。それで強制執行して1円も回収できなかったら、まさに「骨折り損のくたびれもうけ」です。さらに、たとえBに財産が残されていたとしても、他にも債権者がいた場合は、他の債権者とその財産を分け合うこととなり、全額の回収は非常に難しくなります(現実の債務者破産のケースに至っては、債権の1割が回収できればマシだとされています)。
 従いまして、強制執行は、債務者Bの意思に関係なく、国家権力を使って強制的にお金を回収することができますが、実はリスクも大きいのです。
 他にAの取れる手段は本当にないの?
 あります。ただそれは、お金を貸し付ける段階で取っておくべき手段になります。つまり、事前に取っておくべき手段ということです。
 それはどんな手段?
 まずひとつは、抵当権(担保物権)です。貸し付ける300万円の担保として、Bの不動産を確保する方法です。これなら、担保にしたBの不動産については、300万円という貸金の回収のための財産として、確実に確保しておくことができます(抵当権について詳しくはこちらの記事へ)。
 他には?
 あります。これも、お金を貸し付ける段階で取っておくべき手段で、それは保証人を立てる方法です。
 というわけで、ここから、今回のテーマである「保証債務」について、ご説明して参りたいと思います。

保証債務とは

 冒頭の事例で、債権者のAは、債務者のBに、貸したお金を返してもらえない、という事態に陥ってしまいました。当然、Aは貸したお金をきっちり回収したいはずです。そこで、Aはあらかじめこのような事態に陥った場合を想定して、Bにお金を貸し付ける段階で、Bの保証人保証契約を結ぶことができます。保証人との保証契約とは、要するに「債務者Bがお金を返せなかったとき、保証人か肩代わりしますよ」という約束です。つまり、Bの保証人と保証契約を結んでおけば、Bが300万円の返済を滞らせても、Aは保証人に対して300万円を取り立てることができます。
 保証人は、いわば人的担保です。抵当権が、いざというときに担保として確保した不動産をおさえるのに対し、保証債務は、いざというときに保証人という「人そのもの」をおさえます。だから「人的担保」なのです。
 尚、Bが保証人を立てた場合、保証人のAに対する債務を保証債務、BのAに対する債務を主債務といい、Bは主債務者という立場になります。

主債務者 債権者 
  B ← A → 保証人
(主債務)    (保証債務)

 ここで2つ、注意点があります。

・保証債務の付従性
 保証債務は、あくまで主債務の存在が前提です。したがって、主債務者Bの債務、すなわち主債務が、無効であったり取り消されたりしたような場合は、保証債務も成立しなくなります。このような保証債務の性質を、付従性といいます。

・主債務の保証債務はあくまで別個の契約
 先述のとおり、保証債務は主債務の存在が前提に成り立っています。ただし、保証契約の当事者は、あくまで債権者と保証人です。つまり、Bの債務の保証のためとはいえ、保証契約を結ぶのはAと保証人であって、Bの保証人が結ぶわけではありません。したがって、AがBの保証人と保証契約を結ぶと、AB間の主債務の契約と、Aと保証人の保証契約2つの契約が並立することになります。

債権者ー主債務者←主債務の契約
          ⇅(並立)
債権者ー保証人←保証契約

 というわけで、保証人・保証債務の超基本、おわかり頂けましたでしょうか。尚、保証債務については、「連帯債務」「連帯保証」についての解説の際、また改めて詳しくご説明いたします。
(スマホでご覧の場合、次の記事へ進むには画面下左の前の記事をタップして下さい)

コメント

非公開コメント

サイト運営者

根本総合行政書士

Author:根本総合行政書士
根本総合行政書士です。
宜しくお願いします。

保有資格:
行政書士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、個人情報保護士、情報セキュリティマネジメント、マイナンバー実務検定1級

スポンサーリンク

QRコード

QR

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク