行政書士試験の勉強方法

 今回は私なりの勉強方法についての見解を述べていきたいと存じます。
 まず、今一度行政書士試験の試験範囲となる科目について確認します。

憲法・基礎法学
行政法
民法
商法・会社法
一般知識等

 上記の科目の中で最も比重の大きい科目は行政法です。行政法は宅建試験でいえば業法にあたるポジションになりますね。次いで比重の大きい科目は民法です。その次が憲法・基礎法学。そして一般知識等、商法・会社法と続きます。
 以上のことから優先的に勉強しなければならない科目がどれか分かりますよね。そうです。行政法です。次いで民法ということになりますが、この二科目については双璧です。両科目とも早い段階からしっかりとやっておく必要があります。というのも出題数と得点配分、そして記述式があるということもさることながら、行政法と民法はそもそも実力をつけるのに非常に時間を要する科目だからです。短期間の勉強では中々成果の上がりづらいのが行政法と民法なのです。法学部出身の方等であれば短期間でも対策が可能かもしれません。しかし法学の基礎を全く持たない人間には、少なくとも私の見解ではかなり厳しいです。したがいまして、行政書士試験を受けるにあたって行政法と民法、この二科目をどう攻略するかがまず大きなポイントとなります。

なぜ行政法と民法は短期間の対策が厳しいのか?

 それは行政法も民法も暗記でどうにかできない科目つまり理解の科目だからです。憲法・基礎法学もそれは同様なのですが、憲法・基礎法学に関しましてはある程度やると何となく解けるようになります。もちろん個々人で向き不向きがあるので一概には言えませんが。そもそも憲法・基礎法学と行政法・民法では出題数が違います。憲法は5問、基礎法学は2問なので、最悪憲法・基礎法学で全問不正解でも他の科目で取り返すことは現実的に十分可能です。しかし行政法と民法である程度点が稼げなければ合格は相当厳しいでしょう。

民法と行政法の学習は時間がかかる

 先程行政法と民法は理解の科目と言いました。実際は両科目にも暗記の要素はあります。特に行政法の場合条文からの出題もありますので、その場合はしっかりと条文を覚えているかが問われます。ただそれもある程度の理解の土壌があった上でないと、中々暗記をすることも難しいのではないか、というのが私の認識です。
 では実際どれぐらいの期間必要なのか?
 私の見解では一年間がまず目安かなと考えます。もちろんこれも人によりけりですが。行政法と民法の勉強方法はよくペンキ塗りに例えられます。一度塗ったら乾かしてまた塗って乾かしてを繰り返す。そうやって繰り返し繰り返し学んでいくうちに理解が深まっていく科目なのです。最初はよく分からなかったことも繰り返し繰り返し勉強することによって「あ、こういうことだったのか!」となるのです。ですのでできるだけ短期間短時間の勉強で済ませたいと誰でも思うところではありますが、それなりの根気が必要なのは事実でしょう。

 そういえば今回のテーマは勉強方法でしたね。ほとんど気構えの部分の話になってしまいました(笑)。具体的な勉強方法につきましては、次回以降で述べたいと思います。
(スマホでご覧の場合、次の記事へ進むには画面下左の前の記事をタップして下さい)

コメント

非公開コメント

サイト運営者

根本総合行政書士

Author:根本総合行政書士
根本総合行政書士です。
宜しくお願いします。

保有資格:
行政書士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、個人情報保護士、情報セキュリティマネジメント、マイナンバー実務検定1級

スポンサーリンク

QRコード

QR

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク