転貸借 建物の修繕の請求は誰に?

事例
AはB所有の甲建物を賃借している。その後、Aは、Bの承諾を得て、Cに甲建物を転貸した。


 この事例で、甲建物の賃貸借契約を結んでいるのはAとBです。CはAと転貸借契約を結んでいます。そして、このような場合のCを「転借人」と呼びます。Aは「転貸人」になります。

 賃貸人    転貸人     転借人
  B      A       C
所有・貸す→借りる・貸す →借りる・使用
     ↑       ↑
   賃貸借契約   転貸借契約

 家賃については、転貸人Aは賃貸人Bに支払い、転借人Cは転貸人Bに支払います。また民法613条の規定により、賃貸人Bから直接、転借人Cに家賃を請求することもできます(詳しくは前回の記事をご参照下さい)。
 さて、ではこの事例で、甲建物に水漏れが生じた場合に、転借人Cは、賃貸人Bに対して、甲建物の修繕を請求できるでしょうか?
 結論。転借人Cは賃貸人Bに対して、甲建物の修繕の請求はできません。なぜなら、賃貸人Bと転借人Cは、契約関係にないからです。転借人Cと契約関係にあるのは、転貸借契約を結んでいる転貸人Aです。賃貸人Bと契約関係にあるのは、あくまで、賃貸借契約を結んでいる転貸人Aです。
 じゃあ転借人Cは誰に修繕の請求をすればいいの?
 転借人Cが甲建物の修繕を請求する相手は、転貸人Aになります。転貸人Aは、転借人Cと転貸借契約を結んでいる以上、転借人Cに対して家賃を請求する権利を持つと同時に、甲建物を使用収益させる義務も負います。従いまして、転借人Cは、転貸人Aに対して、甲建物の修繕を請求する権利があるのです。

転借人に修繕を請求された転貸人

 では、転借人Cから甲建物の修繕を請求された転貸人Aは、自らその修繕を行わなければならないのでしょうか?
 この場合、転貸人Aは、賃貸人Bに修繕を請求することになります。実際は、転借人Cから修繕を要求する連絡を受けた転貸人Aが、甲建物の管理会社に修繕を要求する連絡をする、という流れになると思われます。ただ、賃貸人(オーナー)が、賃借人に、転貸の承諾を与える際に、このような場合はこのように、という内容を転貸借契約に反映させることで、このあたりの流れはケースバイケースになると考えられます。

 基本的に、賃貸借契約と転貸借契約は別個に存在している、と考えるので、賃貸人と転借人の間には、権利義務関係はありません。不法行為等でもない限り、契約関係にない者同士に、債権債務関係は生じませんよね。未婚の者同士が浮気をしても、不倫関係にはなりませんよね(?)。スミマセン。例えが意味不明ですね(笑)。話を戻します。ということなので、むしろ「転借人は賃貸人に対して直接に義務を負う」として、賃貸人から転借人に直接、家賃を請求できる、という民法613条の規定による請求の方が、特殊だと考えた方が分かりやすいのかな、と思います。
(スマホでご覧の場合、次の記事へ進むには画面下左の前の記事をタップして下さい)

コメント

非公開コメント

サイト運営者

根本総合行政書士

Author:根本総合行政書士
根本総合行政書士です。
宜しくお願いします。

保有資格:
行政書士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、個人情報保護士、情報セキュリティマネジメント、マイナンバー実務検定1級

スポンサーリンク

QRコード

QR

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク