消滅時効の起算点 不法行為による損害賠償請求権・期限の定めのない債権・弁済期の定めのない消費貸借

 消滅時効の起算点はケースによって異なる、ということは前回の記事でも申し上げたとおりですが、今回は「不法行為による損害賠償請求権」「期限の定めのない債権」「弁済期の定めのない消費貸借」の三つの債権の消滅時効の起算点についてご説明して参ります。

・不法行為による損害賠償請求権
 これは不法行為によって損害を被った被害者が加害者に対して損害の賠償を請求する債権です(不法行為について詳しくはこちらの記事をご参照下さい)。例えば、交通事故にあった被害者が加害者である車のドライバーに対して損害賠償を請求するようなケースです。
 さて、ではこの「不法行為による損害賠償請求権」の消滅時効の起算点はいつになるのでしょうか?
 不法行為による損害賠償請求権の消滅時効の起算点は「被害者が加害者と損害の両方を知った時」です。
 これはどういうことかといいますと、例えば、交通事故にあってケガをしたが、加害者のドライバーが中々見つからないこともありますよね?加害者が誰か分からないと損害賠償の請求もできませんよね?それなのに消滅時効が進んでしまったら被害者が困りますよね?ですので、不法行為による損害賠償請求権の消滅時効の起算点は「被害者が加害者と損害の両方を知った時 」なのです。また、加害者が誰かはすぐに分かったけど後々になって後遺症が出るまでは損害が分からなかった、というような場合も同様で、後遺症が出て損害がわかった時に初めて消滅時効の進行がスタートします。

・期限の定めのない債権
 これは簡単に言うと「いつまでに」が決まってない債権です。といっても、不確定期限付きの債権とは異なります。その代表的なものとして「法律の定めによって生じる債権」がありますが、具体例を挙げると、解除による返還請求権がそうです。例えばAがBにギターを売り渡したとします。しかし、その後何らかの事情でその売買契約が解除されると、AとBは互いに受け取ったものを返還する義務が生じます。すると売主AはBに対しギターの返還請求権を持ち、買主BはAに対し代金返還請求権を持ちます。このときの返還請求権は、「いつまでに」返せ、というのが決まっていない、つまり期限の定めのない債権ということになります。
 さて、ではこの期限の定めのない債権の消滅時効の起算点はいつになるのでしょうか?
 期限の定めのない債権の消滅時効の起算点は債権成立時です。つまり、先ほど例に挙げた解除による返還請求権で言うと、契約の解除時になります。
補足
 解除権は10年で時効により消滅する(判例)。

・弁済期の定めのない消費貸借
 これは簡単に言うと「いつまでに」が決まっていない貸し借りです。ハッキリ言ってビジネス・商売の取引の世界でこんなものはまずないでしょう。例えばレンタルショップでCDを借りて返却期限が決まっていないことなんてありえませんからね(笑)。ただ、友人間で「いつまでに」を決めずにお金を貸し借りするケースは現実に存在します。それがまさに「弁済期の定めのない消費貸借」になります。そしてお金を貸した側は借りた側に対し「金返せ」という債権を持つことになります。
 さて、ではこの「弁済期の定めのない消費貸借」における債権の消滅時効の起算点はいつになるのでしょうか?
 弁済期の定めのない消費貸借における債権の消滅時効の起算点は「債権成立から相当期間経過後」です。これはどういうことかといいますと、例えばAがBに返済期限を決めずにお金を貸したとします。するとAがBにお金を貸した時点で、AがBに対して「金返せ」という債権成立します。これが「債権成立」です。そしてAがBに「金返せ」と請求した場合、Bは「相当期間経過後」までにお金を返さなくてはなりません(つまり「金返せ」と請求されても、即座に返さなくちゃならない訳ではないのだ。なぜなら返済期限を決めていないから)。つまり、AがBにお金を貸した時点で債権成立し、そこからAがBに対し「金返せ」と請求してから相当期間経過後に初めて消滅時効の進行が始まります。

補足
「債務不履行による損害賠償請求権」は期限の定めのない債権にあたるのですが、債務不履行による損害賠償請求権の消滅時効の起算点「本来の債務の履行を請求できる時」になります。つまり「この日を過ぎると債務不履行になる」の「この日」が債務不履行による損害賠償請求権の消滅時効の起算点になります(債務不履行に関しましてはこちらの記事もご参照下さい)。

 以上が、様々なケース・債権における消滅時効の起算点になります。前回の記事と併せて頭に入れておいて頂ければと存じます。
(スマホでご覧の場合、次の記事へ進むには画面下左の前の記事をタップして下さい)

コメント

非公開コメント

サイト運営者

根本総合行政書士

Author:根本総合行政書士
根本総合行政書士です。
宜しくお願いします。

保有資格:
行政書士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、個人情報保護士、情報セキュリティマネジメント、マイナンバー実務検定1級

スポンサーリンク

QRコード

QR

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク