2つの占有 占有の二面性

 占有には2つのパターンが存在します。
・自分だけの占有
・前主から引き継いだ占有

 このように占有には2つのパターンがあり、これを占有の二面性といいます。

事例1
Aは甲土地を9年間、悪意の占有を続けた。その後、Aは甲土地を善意・無過失のBに引き渡し、Bはそれから1年間、甲土地の占有を続けた。


 さて、この事例1で、Bは甲土地を時効取得できるでしょうか?
 冒頭に、占有には2つのパターンがあることを申し上げました。この事例1が、まさに占有の二面性を示す典型のケースです。そしてその占有の二面性に基づいて、Bは2つの主張ができます。

(占有の承継)
民法187条
占有者の承継人は、その選択に従い、自己の占有のみを主張し、又は自己の占有に前の占有者の占有を併せて主張することができる。

 なんとBは、自分自身の選択で「自己の占有のみを主張」と「前の占有者の占有(Aの占有)と併せて主張」のどちらかを選んで主張することができます。

自己の占有のみを主張
 これは簡単ですよね。事例1のBが、B自身の占有のみを主張することです。となると、B自身の甲土地の占有期間はたった1年間なので、当然ですが、Bは甲土地を時効取得することはできません。

前の占有者と併せて主張
 これは、事例1のBがAの占有と併せて占有を主張することです。どういうことかといいます、Bの前に甲土地を占有していたのはAで、Aの占有期間は9年間ですよね。そしてBが次の占有者になり、甲土地を1年間占有した。そこでなんとBは、前の占有者であるAの占有期間の9年間と、B自身の占有期間の1年間を足して、9+1=10年間の占有期間を主張できるのです。
 事例1のBは善意・無過失です。ですので、Aの占有と併せて9+1=10年間の占有ということで、めでたく甲土地を時効取得できます!と言いたいところですが、そうはイカンのです。先述の民法187条には続きがあり、次のようなことが規定されています。

民法187条2項
前の占有者の占有を併せて主張する場合には、その瑕疵をも承継する。

 ポイントは「その瑕疵をも承継する」という部分です。瑕疵とは欠陥のことです。欠陥には悪意・有過失も含まれます。ということはどうなるかといいますと、前の占有者の占有と併せて主張するときは、前の占有者の悪意・有過失をも引き継いでしまうということです。つまり、事例1で善意・無過失のBが、Aの占有と併せて9+1=10年間の占有を主張しても、Aの悪意・有過失をBが引き継いでしまうことになるので、その結果、10年間の短期取得時効は成立しなくなってしまいます。

 ということで結局、事例1のBは、Aの占有と併せて主張しようがB自身の占有のみを主張しようが、甲土地を時効取得することは無理ということになります。

事例2
Aは甲土地を9年間、悪意の占有を続けた。その後、Aは甲土地を善意・無過失のBに引き渡し、Bはそれから10年間、甲土地の占有を続けた。


 さて、この事例2で、Bが甲土地を時効取得するためには「自己の占有のみを主張」と「前の占有者の占有(Aの占有)と併せて主張」のどちらの主張をすればいいでしょう?
 もうおわかりですよね。正解は「自己の占有のみを主張」です。Bは善意・無過失なので、10年間の占有で甲土地を時効取得できます(短期取得時効)。
 じゃあ「前の占有者の占有(Aの占有)と併せて主張」をしたらどうなるの?
 その場合は、Bは甲土地を時効取得することができません。なぜなら、前の占有者Aの悪意・有過失を引き継いでしまうことにより短期取得時効の対象ではなくなるので、Aの占有9年+Bの占有10年=19年間の占有では、通常の時効取得に必要な20年間には、あと1年足りなくてなってしまうからです。
(スマホでご覧の場合、次の記事へ進むには画面下左の前の記事をタップして下さい)

コメント

非公開コメント

サイト運営者

根本総合行政書士

Author:根本総合行政書士
根本総合行政書士です。
宜しくお願いします。

保有資格:
行政書士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、個人情報保護士、情報セキュリティマネジメント、マイナンバー実務検定1級

スポンサーリンク

QRコード

QR

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク