取得時効と消滅時効の超基本 時効制度の意味

「もう時効だろうし今だから言うけどさぁ」というように、普段の会話でも、時効という言葉自体は馴染みあるものだと思います。しかし、時効という制度の細かいところは、民法の学習をしない限りは、一般的には中々知るところではないのではないでしょうか?
 さて、時効には2種類あります。取得時効消滅時効です。

取得時効
 例えば、農家Aさんが甲土地、農家Bさんが乙土地を耕していて、甲土地と乙土地が隣接地だった場合に、Aさんがズルをして土地の境界線をズラし、Bさんの乙土地にまでAさんの畑を広げて、さも自分の土地のようにAさんが使い続けます。それに対してBが何も文句を言わずに、または気づかずに20年間経過すると、Aさんはズルをして広げて使った部分の乙土地を取得します。裁判になってもAが所有権を主張すれば勝ちます。これが取得時効という制度です。

消滅時効
 例えば、AからBが300万円借りたとします。そのまま放置して10年が経過すると、Bの債務は消えます。Aが訴訟をおこして裁判になっても、Bが時効の主張(これを時効の援用という)をすれば、Bの勝ちです。つまり、BはAに300万円を返さなくて済むのです。これが消滅時効です。

 このように、時効には2つのタイプが存在する訳ですが、どうでしょう。そもそもですが、時効ってとんでもない制度だと思いませんか?だって、取得時効においてはズルをして境界線をズラして越境して土地を使っていたヤツがその分の土地を取得し、消滅時効においてはそれこそ時の経過で借金を踏み倒したようなヤツを救ってしまう訳です。これって道徳的に考えていかがなもんでしょう。

時効制度の意味

 実は、時効制度の決定的な意味、その存在理由は、ズバッとハッキリとこれだ!というものはないと言われています。
 え?そうなの?
 はい。そうなのです。なので、たとえ道徳的に考えて納得できなくても、これは理屈ではなく「そうなっているんだ」と強引に頭にぶち込んでしまって下さい。
 ただ、よく言われることとしては、先述の越境して隣人の土地を侵して使用していたヤツのケースだと「何も文句を言わなかった方が悪い」という理屈も成り立ちます。これを「権利の上に眠る者は保護に値しない」と言ったりします。つまり、「文句を言う権利があるのにその権利を行使しなかったヤツの責任だ」となるのです。でもこの理屈だと「借金を踏み倒すために文句を言う暇もなく逃げ続けるヤツ」も肯定してしまうことになってしまいます。他にも「長い年月が経ってから権利関係を立証するのは難しいから」という理屈もありますが、長い年月が経過しても明確な証拠があってしっかりと立証できる場合はどうなんだ?という反論も成り立ちます。
 ということなので、考えれば考えるほどドツボにハマっていきます。ですので、繰り返しますが、これは理屈云々ではなく強引に「そうなっているんだ」と覚えてしまって下さい。
 う~ん、でも
 でも、て言わない!と子供の頃叱られた事ある人、いると思います(笑)。おそらく時効という制度の存在理由は、実務的な意味も大きいのではないかと思います。あまりに昔の事を持ち出されて訴訟だなんだと騒がれても、裁判所も困ってしまいますよね。ましてや裁判というのは時間がかかります。そんな案件がどんどん出てきてしまうと、裁判所がごった返してしまいます。それは法的安定性を阻害することにもなります。したがって、一律に〇〇年で時効!それで文句言いっこナシ!としているのではないかと思います。
 という訳で、今回は以上になります。次回から、時効という制度についての解説に、本格的に入って参りたいと存じます。
(スマホでご覧の場合、次の記事へ進むには画面下左の前の記事をタップして下さい)

コメント

非公開コメント

サイト運営者

根本総合行政書士

Author:根本総合行政書士
根本総合行政書士です。
宜しくお願いします。

保有資格:
行政書士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、個人情報保護士、情報セキュリティマネジメント、マイナンバー実務検定1級

スポンサーリンク

QRコード

QR

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク