催告権と取消権 内容証明郵便と返事 無権代理行為の追認と法定追認 追認補足

 今回は追認に関して補足的な内容を記します。

催告権行使と取消権行使の違い
 実はこの二つの権利行使には大きな違いがあります。その違いは、取消権善意の相手方しか行使できませんが、催告権悪意の相手方でも行使できます。なぜそのような違いがあるのか?それは二つの権利の性格を考えれば分かりやすいです。取消権は「取り消します!」と相手方が自分自身の意思をぶつけるのに対し、催告権は「追認しますか?どうしますか?」と本人の意思決定を伺う行為です。取消権は相手方自身が結論を出しているのに対し、催告権はいくら「追認するかしないか、どっちだコラ」と迫ってもあくまで結論を出すのは本人です。つまり催告権は取消権に比べて力の弱い権利なのです。従いまして、結論を出すのはあくまで本人の催告権に関しては悪意の相手方でも行使可能となっている、ということです。

内容証明郵便と返事
 実際に現実に「追認しますか?どうしますか?」という内容証明郵便が送られてきたときに、追認する気がない場合これに返事を書く必要があるのか?その場合は返事の必要はありません。そのままその催告をシカトしておくと、それがそのまま民法114条の追認拒絶となります。

無権代理行為の追認と法定追認
 以前の記事法定追認について記しましたが、無権代理行為の追認においては民法125条の法定追認の適用があるのでしょうか?この問題に関して判例では、民法125条の規定はあくまで制限行為能力、詐欺、強迫を理由として取り消すことができる行為の追認についての規定であるため、その適用(類推適用)を否定しています。ということなので、もし無権代理においての本人が民法125条に規定されている行為をしたとしても、法律上追認したとみなされることはありません。(無権代理の本人が民法125条に規定される行為をしたときに、その行為が黙示の追認と判断されてしまう可能性はあります)

追認の効力
 追認の効果は別段の意思表示がなければ遡及します。つまり追認の効力は原則として遡って発生します。念のため申し上げておきます。
(スマホでご覧の場合、次の記事へ進むには画面下左の前の記事をタップして下さい)

コメント

非公開コメント

サイト運営者

根本総合行政書士

Author:根本総合行政書士
根本総合行政書士です。
宜しくお願いします。

保有資格:
行政書士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、個人情報保護士、情報セキュリティマネジメント、マイナンバー実務検定1級

スポンサーリンク

QRコード

QR

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク