法定追認

 通常の追認は、追認権を持つ者が「その法律行為を追認します」と追認することにより行います。しかしそれ以外にも追認する方法があります。それが法定追認です。
 法定追認とは、追認権者が追認の意思表示をしなくとも、ある一定の行為を行った場合は法律上当然に追認したとみなされる、というものです。つまり追認権を持っている人が「追認します」と言わなくても、ある一定の行為を行ってしまった場合は法律が「おまえのとった行動は追認したのと一緒だ!」とし、法律上の追認として扱われてしまうということです。そしてその法律上追認したとみなされてしまう行為が民法125条により規定されています。以下に記します。

法定追認される行為(民法125条抜粋)
1  全部又は一部の履行
2  履行の請求
3  更改
4  担保の供与
5  取り消すことができる行為によって取得した権利の全部又は一部の譲渡
6  強制執行(自らが強制執行をする場合のみ)

 これだけだと今ひとつよく分かりませんよね。ですので次の事例をもとに、ひとつひとつ見ていきましょう。

事例1
相続により甲土地を取得した未成年者Aは、単独で甲土地をBに売却した。


1・全部又は一部の履行
 事例1で、まず制限行為能力者である未成年者Aが単独で行った甲土地の売買契約は有効に成立していません。ではAが20歳を過ぎて成年となってから、つまり行為能力者となってから追認も取消しもしないまま甲土地をBに引き渡したとしましょう。あるいはBから代金の全額または一部の支払いを受けたとしましょう。するとAは甲土地の売買契約を追認したとみなされます。たとえ追認する気がなかったとしてもです。これが法定追認の効果です。

2・履行の請求
 事例1で、Aが20歳を過ぎて成年(行為能力者)となってから追認も取消しもしないままBに対して「甲土地の売買代金を払ってくれ」と請求すると、その時点でAは甲土地の売買契約を追認したとみなされます。

3・更改
 更改に関しては初学者の方はすっ飛ばしてもかまいませんが、ざっくり申しておきますと、事例1でAが20歳を過ぎて成年(行為能力者)となってから追認も取消しもしないまま甲土地の売買契約を乙土地の売買契約に代えた、というようなケースです。この場合もAは追認したとみなされます。

4・担保の供与
 担保というものについての詳細は別途改めてご説明申し上げます。とりあえず今回の法定追認においての担保の供与についてですが、事例1でAが20歳を過ぎて成年(行為能力者)となってから追認も取消しもしないまま、Bからお金の代わりに何らかの物を受け取ったような場合です。そのような場合もAは追認したとみなされます。これだけだとピンと来ないと思いますが、とりあえずこのような規定もあるということだけ何となく覚えておいて下さい。そして後々担保物権等を学習してから思い出して頂ければと存じます。

5・取り消すことができる行為によって取得した権利の全部又は一部の譲渡
 これは事例1で、Aが20歳を過ぎて成年(行為能力者)となってから追認も取消しもしないままBに対して「甲土地の売買代金はCに払ってくれ」と言って甲土地の売買代金を受け取る権利(債権)を他人に譲り渡すと、その時点でAは追認したとみなされます。ちなみにこのようなAの行為を債権譲渡といいます。債権譲渡についてはまた改めて詳しくご説明申し上げますが、要は先述のケースのような債権譲渡にも追認効果があるということです。

6・強制執行(自ら強制執行する場合のみ)
 強制執行に関して詳しく説明しようとするとかなり大変なことになってしまいますので超ざっくりと申しますと、事例1でAが20歳を過ぎて成年(行為能力者)となってから追認も取消しもしていない状況で、裁判所の力を使って問答無用でBにお金を払わせることです。超ざっくりで申し訳ございません(笑)。とりあえず、そのような場合もAは追認したとみなされる、ということを頭に入れておいて下さい。

 という訳で今回は以上になります。正直、担保や債権譲渡などよく分からない箇所もあったかと思います。そのような部分に関しては、担保物権や債権譲渡など民法の学習をさらに進めた後に復習して下さい。民法の学習は、繰り返し繰り返し塗り重ねるペンキ塗りのように深めていくものだと私は考えております。また、そのように行った方が理解も深まりやすいと思います。
(スマホでご覧の場合、次の記事へ進むには画面下左の前の記事をタップして下さい)

コメント

非公開コメント

サイト運営者

根本総合行政書士

Author:根本総合行政書士
根本総合行政書士です。
宜しくお願いします。

保有資格:
行政書士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、個人情報保護士、情報セキュリティマネジメント、マイナンバー実務検定1級

スポンサーリンク

QRコード

QR

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク