過失相殺 責任能力と事理弁識能力

 今回は、不法行為の過失相殺における、事理弁識能力についてご説明して参りたいと思います。

事例5
小学三年生のBは道路に急に飛び出した。スピード違反でバイクに乗っていたAは避けきれずにBにぶつかり怪我を負わせた。


 さてこの事例5で、スピード違反という過失のあるAの不法行為が成立し、BはAの不法行為責任を追及して損害賠償の請求ができます。ここまでは何の問題もないですよね。しかしこの場合、Aはきっとこう主張するはずです。
「確かにオレにはスピード違反という過失がある。そしてBに怪我を負わせた。たがBにも急に飛び出してきたという過失があるじゃないか!だから過失相殺が認められるはずだ!」
 この主張は、決してAの往生際が悪い訳ではなく、正当なものです。という訳で、さっさとますは結論を申し上げます。事例5において、裁判所が過失相殺をすることは可能です(任意相殺)。裁判所が過失相殺することは可能ということは、事案ごとに判断されるということです。いずれにせよ、事例5では、過失相殺される可能性はあるということになります。実際にAの主張が認められるかどうかは、事案を検証して裁判所が決めるということです。
 え?てゆーかそもそも小学三年生のBには責任能力がないから過失も認められないんじゃないの?
 ごもっともな指摘です。しかし、過失相殺において被害者側に問われる能力は、不法行為が成立するための責任能力ではなく、事理を弁識する程度でよいとされています。この事理弁識能力は、小学校入学程度で認められます。従いまして、小学三年生のBには事理弁識能力が認められ、Bに事理弁識能力が認められるということは過失も認められるので過失相殺の可能性があるということになるのです。

事例6
3歳児のBは道路に急に飛び出した。スピード違反でバイクに乗っていたAは避けきれずにBにぶつかり怪我を負わせた。


 この事例6の場合、過失相殺はどうなるでしょうか?
 結論。この場合はBの過失が認められず、過失相殺は認められません。なぜなら、3歳児のBには事理弁識能力がないからです。
 事理弁識能力、おわかりになりましたよね。

事例7
親権者の不注意により3歳児のBは道路に急に飛び出した。スピード違反でバイクに乗っていたAは避けきれずにBにぶつかり、怪我を負わせた。


 この事例7の場合は、Bの親権者の過失があります。このときは、Bの親権者の過失が被害者側の過失として過失相殺の対象になります。

事例8
保育士の不注意により3歳児のBは道路に急に飛び出した。スピード違反でバイクに乗っていたAは避けきれずにBにぶつかり、怪我を負わせた。


 この事例8の場合、保育士の過失は被害者側の過失とは認められず、過失相殺の対象にはなりません。被害者側の過失とは、被害者と身分上ないし生活関係上一体をなすとみられるような関係にある者の過失、とされています。保育士はそれに当てはまらないのです。また、もし保育士の過失が被害者側の過失と認められてしまうと、子供の親が困ってしまいます。なぜなら、保育士の過失によって損害賠償の金額が減ってしまうからです。ただ自分の子供に怪我を負わされた親としては「そんなのたまったもんじゃない」となる訳です。

 それでは最後に、責任能力と事理弁識能力について簡単にまとめます。

責任能力12歳程度で、事理弁識能力小学校入学程度不法行為責任が生じるには責任能力が必要で、過失相殺の対象となる被害者の過失として認められるには事理弁識能力で足りる

 このようになります。この違い、お気をつけ下さい。
 次回もまた別の事例を用いて、不法行為について解説します。
(スマホでご覧の場合、次の記事へ進むには画面下左の前の記事をタップして下さい)

コメント

非公開コメント

サイト運営者

根本総合行政書士

Author:根本総合行政書士
根本総合行政書士です。
宜しくお願いします。

保有資格:
行政書士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、個人情報保護士、情報セキュリティマネジメント、マイナンバー実務検定1級

スポンサーリンク

QRコード

QR

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク