民法?何それ?この世の中は契約社会

 こちらでは、民法について、できるだけわかりやすく噛み砕いて解説して参りたいと思います。各種資格試験を受ける等で民法の学習をされたい方、単純に民法に興味をお持ちの方、日常の法律関係で疑問をお持ちの方など、読んで頂いた皆様にとって、少しでもお役に立てて頂けるものになれば幸いです。
 尚、当サイトでは、法学初学者に向けての記述になると思いますので、その点はあらかじめご了承下さい。
 それでは始めて参ります。

 皆さんは、民法と聞いて何かピンと来ますか?おそらく、法学生や仕事で法務に携わっている方以外は、中々ピンと来ないのではないかと存じます。ですので、まずは「民法とはなんぞや?」というところから、始めて参りたいと思います。

この世の中は契約社会

 当サイトをご覧になって下さっている方で、アパートやマンションあるいは一軒家を借りて住んでいる、いわゆる賃貸不動産にお住いの方は多いと思います。実はその不動産賃貸借に関する規定が、民法の中に存在します。
 民法の条文は、全部で1044条存在します。その中に第七節 賃貸借というカテゴリーがあり、そこに不動産賃貸借に関係する規定が存在します。例えば、賃貸人(貸主、つまり家主・大家のこと)は賃貸物(賃貸している物件のこと)の修繕義務を負うとか、賃貸人に無断で転貸(また貸し)してはいけない等々。ちなみに、今挙げた例は、皆さんが家を借りる時に交わした契約書の中にも、盛り込まれていると思います。もしご面倒でなければ、今一度ご覧になってみて下さい。
 民法というものは、このように、実は我々の生活に密接に関わっています。先ほど挙げた不動産賃貸借の例ですが、これは不動産賃貸借契約になります。つまり、契約の一種ということですね。

 ところで皆さん。この世の中は契約社会というのはご存知でしょうか?と言っても、ルソーの社会契約論ではありません。まあ、いきなり契約社会と言われても、はぁ?て感じですよね(笑)。ですので、具体例を挙げてご説明いたします。
 皆さんも普段、当たり前にコンビニなどで買い物をしますよね。実はこれも契約です。その契約の流れはこうです。

1、購入の申し込みをする(レジに商品を持っていく)
2、申し込みの承諾を受ける(店員が商品をスキャンする)
3、代金を支払う
4、商品の引渡しを受ける(買った商品を受け取る)

 コンビニでモノを買うということは、実はこのような流れの売買契約になります。
 え?こんなことも契約になるの?
 はい。これも立派な、売買契約という契約なのです。
 それではここで問題です。上記の「コンビニでモノを買う」という売買契約ですが、この契約が成立するのは、契約の流れの中の1~4の内、一体どの時点だと思いますか?
 正解は2です。つまり、購入の申し込みの承諾を受けた時点で契約が成立します。このような契約を民法上、諾成契約といいます。読み方は「だくせいけいやく」です。承諾の諾に成る契約ということですね。契約には民法上、他にも◯◯契約というものが複数存在します。

 という訳で、今回は以上になります。
 さて、どうでしょう。何となく、民法が身近なものに感じて来ませんでしたか?そうでもないですか?
 次回は、契約というものについて、さらに詳しく解説して参りたいと存じます。
(スマホでご覧の場合、次の記事へ進むには画面下左の前の記事をタップして下さい)

サイト運営者

根本総合行政書士

Author:根本総合行政書士
根本総合行政書士です。
宜しくお願いします。

保有資格:
行政書士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、個人情報保護士、情報セキュリティマネジメント、マイナンバー実務検定1級

スポンサーリンク

QRコード

QR

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク